ストレングスファインダー

ストレングスファインダーとは、アメリカのギャラップ社が開発した性格診断ツールの名称ですね。

人の弱みよりも強みに焦点を当てることを主眼に作られており、端的に言えば人の強みを「実行力」「影響力」「人間関係構築力」「戦略的思考力」の4つのカテゴリ、そしてそれぞれのカテゴリ内にある合計34の資質に色分けして明確化してくれるツールですね。

スポンサーリンク

34の強み

それぞれ紫を実行力、赤(オレンジ?)を影響力、青を人間関係構築力、緑を戦略的思考力の一環を表しています。

このうちの上位5個(10個とも)の資質はもっともうまく使える可能性のある強みです、ですが一方でクセとも言える代物であり、油断しているとデメリットまで強く出てしまうこともありますね。

とはいえ、自分の得難い資質の1つであることは確かです。それが自分の強みであると自覚していくことが、自分の才能を理解する上で非常に重要になっていくのです。

実行力

実行力は、物事を成し遂げる上で必要になる強みです。実行力が高いと、それだけ目標の達成や物事への対応が的確になったり、「頼れる人」と言った印象を与えやすくなります。

影響力

影響力は人に自分の存在を知らしめたりトップに君臨しやすくなったりといった、文字通りの影響力ですね。影響力が高いと人に影響を与えたり、集団内での存在感を高めたり、あるいは集団の序列で高い地位を手にしやすかったりします。

人間関係構築力

人間関係構築力は、主に人間関係をうまく円滑に進めたり、自分にとって重要な人と深く関わるための力ですね。人間関係構築力が高いと、人とのコミュニケーションをうまく進めたり他人に好かれやすかったり、気に入った相手との関係を深めやすかったりします。

戦略的思考力

情報を分析処理したり適切な判断を行うための考える力を示しているのが、この戦略的思考力です。戦略的思考力が高いと、理論的に物事を考えたり物事を深く考えたり、洞察力や観察力が高かったりします。

タイトルとURLをコピーしました