【16タイプ】ESFPの陽キャと陰キャについて考えてみる

16タイプ(MBTI)
スポンサーリンク

今回はタイトル通りですね。ESFPの陽キャと陰キャについて。

ちょうど推定ESFPの知ってる人に陽キャと陰キャの2人がいるので、この機会に双方についてまとめてみましょう。

ESFPの基本解説は以下にまとめていますのでどうぞ。

ESFPの陽キャ

まず初めに言っておくと、ESFPは大体が陽キャです。今を楽しむタイプで、今この瞬間に対してフルスロットル。Teが表立って見える理知的な人もいますが、基本的には主機能Seをぶん回し、二手先三手先より今この瞬間に力を注ぐタイプと言えるでしょう。

また、2番目にある補助機能はFi。なんだかんだ言って自他の価値観を尊重し合うことが得意であり、許容範囲は広め。間違っても、楽しく喜んで他人をいじめるタイプとは言えないでしょう(ただし”かわいがり”はする)。

私が知ってるESFPも、とにかく声がうるさく考えるのが嫌いな人ですね。多分、内省などには価値を感じていないのでしょう。

彼はタイプ7でもあるので、まあ刹那主義も際立ちますよね。

冬はスキーにスノボ、夏はサーフィンととにかく四季を選ばず遊び回り、さらにはパチスロまで嗜む始末。

ぶっちゃけますと、お金にかなりルーズです。パチで負けが嵩むと借金します。

ですがそんな中でも楽しそうに振る舞っているし、なんだかんだ無邪気さに惹かれて人が集まってくるんですよね。とにかく不思議な奴です。

あと、くだらないことでよく笑いますね。寒い親父ギャグでも笑う時は笑います。

とにかくクズいところはありますが、愉快で陽気で面白い奴です。なんで私みたいな奴と関わってんのか不思議に思いますが、私個人としては親密度のランキングでは割と上位に食い込んでる奴ですね。向こうは知らんけど。


ともあれ、こんな感じで今この瞬間を楽しみまくる極楽浄土な一向門徒みたいな奴が、ESFPの陽キャと言っても良いでしょう。

ESFP陽キャの欠点

本当モデルが1人しかいなくて申し訳ありませんが、ついでです。陽キャと言えば良いことづくめという人も多いでしょうし、「そうじゃないですよ」というメッセージと共に奴の欠点でもあげつらっておきましょう。

何よりまずさを感じるのが、借金からも察することができる通り計画性のなさ。とにかくズボラで無計画を地でいくので、彼には思慮深さというものがありません。この点、ESFP陽キャの共通の欠点と言えるかもしれませんね。

まあその時々、一手一手の頭の回転の速さは「さすが」と唸るくらいには優れているのですが、問題は数手先、もっと言えば予測と洞察が必要な分野です。

なんというか、目に見えるもの以外が見えていないとでも言えば良いでしょうか。行間を読むことも苦手ですし、行き当たりばったりがとにかく目につきます。

陽キャで「なるようになる」精神の持ち主ですし頭の回転も早いのでまあなんとかなるとは思いますが、友人としてはそのうちドデカい地雷を踏み抜かないかが心配です……。

スポンサーリンク

ESFPの陰キャ

さて、続けては結構レアであろうESFPの陰キャを見ていきましょう。と言っても、こちらは人伝に聞いた話から勝手に推察しているだけですが。

彼女の性格は基本的に人見知りでおどおどしており、ちょっぴり毒舌。いつも人目を気にしており、痛々しいほどに道化を演じようとすることでなんとか自我を保っているという有様。

無理して自分を演じているためか家に帰ると疲れて寝ており、友人焼を許した相手の前では基本的にあまり笑わないとかなんとかで。

先述の友人と比較すると「ESFP同士なのにこうも違うのか」と驚嘆したくなるほどには、全くの別人です。

そんな彼女がなぜESFPなのかというと、やはりSeらしさでしょうか。

先述の友人と同じく洞察や推測は非常に苦手ですが、代わりに観察眼が鋭い。

一瞬ISFJあたりと迷いましたが、それにしてはエネルギーが(ちょっと限定的とは言え)満ちており、同じ外向型のESFJと比べると集団の掟やルールを重んじるわけでもない。まあ、おおよそESFP、誤審だとしてもISFPあたりでしょう。

ともあれ、ちょっとトゲトゲしていたり卑屈だったりと言った面が目立ち、Teを持つせいで自分を周囲と比べることも多く、Fiのせいで誰かをいじめて発散することもない

元来持ち合わせているはずの爆発的なエネルギーがやり場をなくし、自嘲や自虐に向かっている。そんなイメージを懐かせます。

あかつき
あかつき

陰キャと銘打ってますが、たぶん元来陽キャの素質はあるんでしょうね。

聞けばノリは結構陽キャ寄りで、暗いのにノリは良いとかなんとか

家庭環境や挫折が要因?

聞けばその方、相当に複雑な家庭環境に生まれたとかなんとかで……。やはり原因は外部の環境でしょうか?

また、当人たちの「別に仲良くできない人がいても構わない」「集団やグループとか特に気にしない」というFiムーブも、時として陰キャな性格を叩き出している要因ではないかと思われます。

もともと外向型=陽キャというわけではありませんしね。

外の世界と関わりたくても関わり方を知らずに黙ったままとか、あるいは外向型ゆえに周囲の悪環境にモロに影響を受けてしまったりとか、そういうこともあるかもしれません。

どちらにしても、陰キャであるESFPは結構自分のエネルギーを持て余してそうですね。

その持て余したエネルギーを趣味や創作に充てることもあれば、暴力性として発揮されることもある、と。

その辺は、その人次第ですね。

スポンサーリンク

結局どっち?

正直、陰キャ陽キャとは一概には言えません

今回2つの例を出しましたが、ESFPも環境次第で陽キャにもなれば陰キャにもなります。

今回はちょっとまとまりがない記事になってしまい申し訳ありませんが、なんにせよ陰キャ陽キャをMBTIのタイプで当てはめるのは結構難しいのかなというのが正直なところ。

それよりも家庭環境や生まれ育った環境、今の状況の方が性格形成には大きく関わっていそうです。

筆者:しゅんみん
Twitter:@nemukedesiniso

スポンサーリンク

補足

当ブログで取り扱っている16タイプの考察は、一般社団法人日本MBTI協会(Japan MBTI Association)とは無関係な、しゅんみん個人による独自解釈の結果を書き記したものになります。
MBTI書籍を参考にはしておりますが、あくまで独自理論・独自考察となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

参考書籍

 

 

16タイプ概要へ

概要ページへ

16タイプ一覧

ー S J 型 ー

ISTJ ISFJ

ESTJ ESFJ

ー S P 型 ー

ISTP ISFP

ESTP ESFP

ー N F 型 ー

INFJ ENFJ

INFP ENFP

ー N T 型 ー

INTJ ENTJ

INTP ENTP

コメント