【16タイプ(MBTI)】ISFP(冒険家)ってどんな人?

16タイプ(MBTI)

俗にMBTIと言われるものですね。その中でも、今回はISFPというタイプの特徴についてみていきましょう。

ネットでは類型論をよく知りもしないNT論者から無能と呼ばれることの多いタイプですが……あれ、本当どうしてなんでしょうか?

まあ、今はそんな疑問はどうでもよろしい。今回は彼らがどんな人物なのか、私なりに実際のところを見ていってみましょう。

スポンサーリンク

ISFPの特徴

心理機能
主機能 補助機能 第3機能 劣等機能
内向感情(Fi)外向感覚(Se)直観(Ni,Ne)外向思考(Te)

I(内向)、S(感覚)、T(思考)、P(知覚)

F P型と聞くと、16タイプをかじった人からすると「自分のお気持ちばかり優先するフワフワ人間」を想像するかもしれません。

が、ISFPはそんなフワフワした姿からは想像できないほど、案外シビアできっちりしています。

まず主軸になる内向感情(Fi)は、自身の価値観や信条を表すもの。パッと見では「何だ、ただのお気持ちか」となるかもしれませんが、実際は間違いです。

ISFPのFiは単なるお気持ちや気分というよりは、自分なりの正義感や世間の道徳とは違った自分なりの人情といった形で表出することが多いですね。

あかつき
あかつき

無能なんてどのタイプにもいますしねぇ。自称天才がよく憧れるINTJにも、実態が伴わない妄想やダダ漏れのお気持ち(稚拙なFi)しか出せない残念さんが一定数います

Fiばかりの話になりましたが……ともあれ、そんなFiに「とりあえずやってみよう」精神や目先に全力投球できるSe(外向感覚)が乗ったのがISFPです。

よく言われている人物像とは裏腹に実務に強く、ものの計算ができ、割とさっぱりとした性格も持ち合わせています。

当然、巷で言われているISFP像に違わない点もありますね。
このタイプはよほど非常事態に陥らない限りは、しっかりと空気を読み、周囲に合わせることもします。ですが弱者や自分と関係の深い人がいじめや不当な扱いを受けると、INFPと並んでいの一番に反発することでしょう。

スポンサーリンク

ISFPの性格

要約すると……

  • 協調や社会的道徳 < 弱者救済、個人的な正義感!
  • 普段は物静かだが、不当な差別や不義、不誠実には断固として抗議する!
  • 意外とクールで無口?

意外とフワフワしたところが少なく、割と無口でちょっとツンとしたところがあるタイプです。

主機能は感情機能でこそありますが、大っぴらにそれとわかるようなものではない内向感情(Fi)。つまり、周囲に受け入れられるかどうかや社会的道徳、協調性ではなく、その逆へ向かいます。
例えば自分なりの正義感、社会から好まれるかどうかに依存しない価値観、そして自分の好みをしっかりと反映させる審美眼など、中心が組織や社会でなく自分に向かいやすいのが特徴ですね。

あかつき
あかつき

当然人にもよりますが、ISFJよりもINTJとかと間違えられやすいタイプですね。

意外と観念的な見方が多いのです……

弱者と仲間のために立ち上がる好漢

基本的に、ISFPは周囲と積極的に争う気がないタイプです。もっとも、積極的に協力すること自体は稀ですが……それこそINTJ辺りと違って、わざとであっても単なるドジであっても周囲を敵に回す言動や行動は控えることでしょう。

また、ESFPと違って控えめで好き勝手やる方でもなく、ISTP辺りと並んで付かず離れずと言った距離感を大半の人との間で保ちます。

ですが、その穏便で控えめな姿勢も、自身のFi(矜恃・信念・正義など)が刺激されれば一気に消え去ります。

特に自分が尊敬する人物、明らかに力を持たない弱者など……とにかく自分自身が「守らなければ」と感じた人物が無意味に危害を加えられたり不当に迫害されたのならば、凄まじいまでの怒りを覚えます。

不義、不誠実、不公平を嫌い、直前まで大人しくしていたのにいきなり講義し始める人も少なくありません。

この姿勢がこそがFiであり、INFPも自分の矜持に反することには同様の反応をすることでしょう。

もっとも、ISFPはINFPと違い浮ついたところはなく、実務作業向きで現実的ではありますが……。

意外とクール?

意外かもしれませんが、ISFPはおそらく教科書通りの人物像と比べて非常にクールな印象を受けることが多いかもしれません。

というのも、このタイプの主軸は自分の感情・矜持(Fi)と行動・観察(Se)。全体主義やみんなの気持ちを重んじるFeは遠く、またチームのルールや規則を重んじるSiも真逆。とてもではありませんが、チームのために健気に頑張るFJとはまったく違った人物像を形作っていることでしょう。

また、INFPもおおよそ似たような性格になりますが、あちらは思慮深くやや鈍臭い印象を受ける一方、ISFPは「考えるより動く」派で何かと機転が利いて頭の回転が早い反面、思慮に関してはやや苦手な様子が見えますね。

また、「長時間延々と悩むのが苦手」「見たままで即座に答えを出そうとする」という点が「もはや考えることが趣味」のINTJとの大きな違いであり、時として安易に善悪を決めてしまう欠点にも繋がることがあります。

スポンサーリンク

ISFPあるある

  • 別に所属組織に逆らうつもりもないが、特に忠誠を誓うつもりもない。それより個人の付き合いが大事
  • 口下手であんまり喋るのは好きではない。喋るより手足を動かす方が性に合っていると感じることが多い
  • 周囲からナメられやすいし、馬鹿にしてくる奴らの意見も一理あるように思えてしまう
  • 正直、よく喋る人間は思慮に欠ける脳みそ空っぽ人間だと思ってる
  • 5W1Hは物事を深く知る上での基本だと思っている
  • 安易に正義と悪を決めてしまい、あとで猛烈に後悔するか開き直って暴発するかの2択に追い込まれることがたまにある
  • たまに服選びとかイラストを書いたりしていると、「センスがいい」と言われる
スポンサーリンク

補足

当ブログで取り扱っている16タイプの考察は、一般社団法人日本MBTI協会(Japan MBTI Association)の認可を得ているものではございません。
MBTI書籍を参考にはしておりますが、位置付けとしてはあくまで公式とは無関係な独自理論となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

16タイプ一覧

ー S J 型 ー

ISTJ ISFJ

ESTJ ESFJ

ー S P 型 ー

ISTP ISFP

ESTP ESFP

ー N F 型 ー

INFJ ENFJ

INFP ENFP

ー N T 型 ー

INTJ ENTJ

INTP ENTP

コメント

タイトルとURLをコピーしました