【16タイプ(MBTI)】心理機能Ni(内向直観)って何?

16タイプ(MBTI)

今回は俗に言うMBTIの心理機能:Ni(内向直観)についてですね。

巷では頭の良さの象徴とか未来予知の超能力のようにささやかれることもしばしばありますが、実態は……と、その話は個人的な解釈に持ち越すことにしましょう。

それでは、Niの公式書籍による見解と私の独自見解の両方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

Ni(内向直観)とは

公式書籍によれば……

  • あらゆることを説明するための独自理論を持つ
  • 既存の方法よりも、革新的な方法を好む
  • 通常思いもつかないような観点から状況を見ている
  • 鋭く、素早く、説明がつかないがやたら正確に言い当てるような印象を周囲に与える
  • 洞察的な分析をし、自分が下した判断をずばり言う
  • 余計なことを取り払い、本質的な意味だけをとらえようとする
  • 自分の判断を、絶対に変えないような印象を周囲に与えることがある
  • 人を信服させるような強い特殊な印象をともなった予言を行うようなことがある

要するに……

  • 既存やテンプレから外れた独自理論を展開する人!
  • 自分でも判断の基準や明確な決め手、ソースを提示できないことがある!
  • 事実や見たままよりも、「要するに」を捉えようとするところがある!
  • 預言者じみた一方、頑固で自分の意見を絶対視するような印象を周囲に与える!
スポンサーリンク

Niが高いタイプ

主機能

補助機能

個人的な解釈

独自理論を展開する天才、と。なんだかそんなイメージを思い浮かべてしまいますね。ですが、ことはそう単純なものではありません。

と言うのも、Niが強い人(N型全般ですが特に)は、どうにも現実や事実を軽視している、あるいは極端な話見ていないようなところがあります。

基本的にNi持ちが見ているのは事実そのものではありません。そのものよりも、裏にある理由や行間、あるいは真意、その事実がもたらすであろう結果などなど……どこか事実と関連した別のものを見ようとしているような人たちです。

あえて否定的な言葉を使うなら、事実を直視するのではなく事実を使って妄想を働かせ、自分が展開した妄想を見ている機能とでも言うべきでしょうか。

その妄想をある程度以上整合性や一貫性のとれたものにまとめることができるため、(扱う当人の能力とコンディション次第ではありますが)預言や千里眼じみた力を見せることもあるのです。

あかつき
あかつき

もし的外れなことを言っていても、ある程度それっぽい着弾点に持っていけるのがNiです。

特に人に話を聞かせるのに長けたINFJなんかは、そんな感じで教祖や預言者ポジを獲得することも多いわけですよ

Ne(外向直観)との違い

どっちも見ているのは事実ではなく妄想。ですが、その妄想の広げ方は大きく異なります。

Neは枝葉の如く風呂敷を広げて「あれもあるかもしれない」「こんな可能性もあるかも」と根掘り葉掘り可能性を引っ張り出すのに対し、Niの妄想は大抵1つの答えに帰着します。

Ne軸の人たちはTiやFiを使って広げた風呂敷を強引に畳むところがありますが、Niはそれ1つがすでに何らかの結論を出します。

そのNiによる妄想で出した結論は当人の中である程度以上妥当性と確実性が担保されているので、時として突拍子もないことを信じ始めたりするのはご愛嬌。

ともあれ妄想という架空や推察、仮説をベースに風呂敷をガンガン広げて収集がつかなくなるのがNe、その是非はともかくある程度風呂敷を畳んで結論を出すのがNiですね。

スポンサーリンク

Ni(内向直観)の欠点

やはり妄想と自分の頭の中だけで答えを出すので、どうしても出す結論の良し悪しは当人の能力、人格、コンディションに左右されてしまうことが多いです。

非常に思慮深く内省的な人が多いですが、一方で「見たまんまの情報をそのまま飲み込む」」というSeの領域が犠牲になりがち。

結果とし現実と妄想の区別が曖昧になってしまいがちで、行き過ぎればよくわからない考えを信奉したり統合失調症のような症状を発症してしまうこともあります。

ある意味、夢日記を日常的に書いているような人たちですね。


Seの記事でも書きましたが、行動力と思慮は二者択一。Niは思慮と内省を選んだために、行動力が犠牲になっている点も否めません。

Ni(内向直観)劣位の人たち

第3機能

劣等機能

Niが下位、特に劣等機能な人たちは、主に以下のような形でNiを発露します。

  • 脈絡もない唐突な不安・確信
  • 間違った行間の読み方
  • 現実離れした妄想

Niがうまく使えないために普段は表面的なものの見方に終始しますが、唐突に裏が読めてしまうように感じることがあるようですね。

特に強いストレスにさらされてまともに自分の強みが活かせなくなったときは、この傾向がより強くなります。

唐突に物事の失敗を予見したり、自分が病気や熱で死ぬような未来を想像したり、あるいはちょっとした行き違いから親友や大事なパトロンからの手痛い裏切り、そこからの転落劇まで想像してしまったり……

半端であっても、普段からNiが働いています。それらが暴走することで、ある意味コンディションが最悪なINxJのような夢日記状態を味わってしまうのでしょう。

ある意味陰謀論者の中には、こういったNiが暴走したESxPもいるのかもしれません。

あかつき
あかつき

でも基本的には変なINxJが言い始めてるに1票!

スポンサーリンク

補足

当ブログで取り扱っている16タイプの考察は、一般社団法人日本MBTI協会(Japan MBTI Association)の認可を得ているものではございません。
MBTI書籍を参考にはしておりますが、位置付けとしてはあくまで公式とは無関係な独自理論となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

16タイプ一覧

ー S J 型 ー

ISTJ ISFJ

ESTJ ESFJ

ー S P 型 ー

ISTP ISFP

ESTP ESFP

ー N F 型 ー

INFJ ENFJ

INFP ENFP

ー N T 型 ー

INTJ ENTJ

INTP ENTP

コメント

タイトルとURLをコピーしました