【16タイプ(MBTI)】INFP(仲介者)ってどんな人?

16タイプ(MBTI)

俗に言うMBTIと言われるものですね。その中でも、今回はINFPというタイプの特徴についてみていきましょう。

「ふわふわして現実味がなく騙されそうな、かわいそうな人」「理想ばっか語る無能」「とりあえずメンヘラやクズをこのタイプに押し当てておけば大抵当たる」。おおよそ世間での言われようは散々ですね。

ですが、本当にそうなのでしょうか?今回は、そこのところも含めて色々考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

INFPの特徴

心理機能
主機能 補助機能 第3機能 劣等機能
内向感情(Fi)外向直観(Ne)感覚(Is,Se)外向思考(Te)

無能やクズという言葉には断固反対ですが、「現実を見ていない」という点に関しては割と同意します。

というのもこのタイプの主軸が、自分の感情や善悪、信念を取り扱うFi。それを補助するのが、妄想をとにかく展開しまくるNeです。

というかアレだ。Neによって散々広げてとっ散らかった妄想を、Fiによる好き嫌い、信念、こだわり、善悪(と時々劣等Te)を基準に収束させていく。そういう人だと見た方が正しいでしょう。

あかつき
あかつき

ゆーて知り合いにTeが異常発達したようなINFPもいますけど。

いや、アレは擬似的なINTP……?ダメだ、よくわからん

ISFPは見たままの事実(Se)で場を散らかしていくのに対し、こっちは妄想や空想(Ne)。基本はたらればとか未来とか、そういう空想やビジョンを散らかしていきます。

もっともその裏に感覚機能(主にSi)があって、その気になれば妥当で現実的なラインにビジョンを持っていけますが、それを死んでもやらない人は一定数いて、彼らはまあまあひどいことになってますね。

特にエニアグラムタイプ4で、死んでも現実を見ない自分に陶酔してると末路は悲惨です。


基本的には実務関係のような思考停止は苦手なタイプで、色々と考えを巡らせる頭脳労働向き。一見するとコテコテのT型にしかできなそうな仕事でも、彼らとは別の切り口でやり切ることがあります。

スポンサーリンク

INFPの性格

要約すると……

  • 大抵は饒舌だが大人しく、どこかオドオドしている!
  • 独自路線を進む思想家!
  • 信頼した人には、その複雑な内面を見せることも?

Neで風呂敷を広げ、Fiにて収束させる。そのあり方からか、割と何を考えてるかわからない人が多いです。あるいは未熟な人なら感情ダダ漏れのイメージ通りの人も……

社交の類はあまり得意ではなく、口数の割にどことなく控えめな「借りてきた猫」みたいな人が目立つでしょうか。その辺、比較的口数の少ないISFPの方がうまくやれますね。

饒舌で会話を広げること自体は得意なのですが、やはり独特のペースが目立ち、波長が合う人は数なめです。俗にいう天然属性持ちですね。

おまけに実務も苦手。考え事が趣味であり癖な人が多いので、ケアレスミスもやらかすことでしょう。

じゃあ何が得意なのか。その辺をちょっと考えていきましょう。

意外と考え事は得意

N型というのは直観機能が強く、想像力マシマシな人が多い傾向にあります。考え事も苦ではなく、この辺がISFP、ひいてはF型の中では抜きん出ています。(ENFPも同様の属性がありますが、あっちはあっちで考え続けるのが苦手……)。

本質的には抜きん出た想像力をいい具合にまとめることができる人なので、それを拒絶しない限りは、案外いいブレインになったりします。

ことT型が苦手な他人の気持ちに配慮した方法、そして曲げるべきではない芯のようなものを作る場面では、INFPの力は欠かせないものになるでしょう。

大人しい裏ではNeを阻害したりFiを否定するような制約や規則を嫌う革命家体質なので、問題児になることもある反面、善性を貫き通す上では非常に頼りになる存在でもあります。

あかつき
あかつき

そもそも「善は無価値なもの!」と声高に叫んでる人の何割が、自分が悪意に潰された時に現実を許容できるんでしょうね。

まあ、INFPの頭脳はそういう連中が泣きを見ないためにあるということで

やっぱりどこか内向き

さて、性格面の話に戻りましょう。

INFPは同じINFJ辺りと比べても、やっぱり内向きで人と打ち解ける方ではありません。内省的で自分の内側に考えを留めており、それを表に出す事はありません。

基本的に人には自分の信念に抵触しない限り極力合わせる方ですが、信頼していない限りどこかよそよそしく、先述の通り借りてきた猫みたいな印象を受けるでしょう。

ですが親しくなったり信頼できると踏んだ相手には急に饒舌になったり、熱く自分の価値観を語ったりします。

思想家であり思考が癖。内面は非常に複雑で、一言では表せない人格を有しています。ですが、それを拝めるのは相応に親しくなってからですね。

INFP、なかなかどうして警戒心が強いタイプです。

スポンサーリンク

INFPあるある

  • 天然呼ばわりされることがある。正直否定できない
  • 興味のある人とない人の落差が激しく、興味ある人の内面はなんとなく察せる
  • 特定の「型」は正直嫌い。やるなら自己流がいいし、型から脱することでより良い答えを引き出せることもあると考えている
  • 集団は得意ではない。ひとりひとりと向き合い、程よく内省を挟むくらいがちょうどいい
  • 「わかりにくい」と言われることが結構ある
  • 理想と現実のギャップにガックリきたことが度々ある
  • 正直な事を言うと、実践は結構苦手。何かと考える方が性に合っている
スポンサーリンク

補足

当ブログで取り扱っている16タイプの考察は、一般社団法人日本MBTI協会(Japan MBTI Association)の認可を得ているものではございません。
MBTI書籍を参考にはしておりますが、位置付けとしてはあくまで公式とは無関係な独自理論となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

16タイプ一覧

ー S J 型 ー

ISTJ ISFJ

ESTJ ESFJ

ー S P 型 ー

ISTP ISFP

ESTP ESFP

ー N F 型 ー

INFJ ENFJ

INFP ENFP

ー N T 型 ー

INTJ ENTJ

INTP ENTP

コメント

タイトルとURLをコピーしました