【16タイプ(MBTI)】INTP(論理学者)ってどんな人?

16タイプ(MBTI)

俗に言うMBTIと言われるものですね。その中でも、今回はINTPというタイプの特徴についてみていきましょう。

ダントツでネット適性が高いせいか、ネット世界では割とよく見かけるタイプですね。もっとも、リアルでは割とレアタイプなためほとんど見かけません。どうしてなんでしょうか?

ともあれ、今回はそんなINTPという人たちを今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

INTPの特徴

心理機能
主機能 補助機能 第3機能 劣等機能
内向思考(Ti)外向直観(Ne)感覚(Is,Se)外向感情(Fe)

内向思考(Ti)で自分なりに情報の正誤ややり方を精査。同時に外向直観(Ne)で枝葉のごとく可能性や創造性を広げていく。まあ、ぶっ飛んだタイプのひとつですよね。

とはいえ、よく比較されるINTJと比べると第3に感覚機能、しかもほとんどが常識的な範囲に留まりやすい内向感覚(Si)、そして劣等とはいえ人のことを考える外向感情(Fe)が備わっています。INTJほど世間に溶け込む気がない様子は見せないでしょう。

あかつき
あかつき

ネットで多く見かけるのも、もしかしたら「社会に居場所がない」というのを意識しているからこそなのかもしれませんね

ともあれ、このタイプはとにかく知的好奇心や学術面での適性、そして分析能力が群を抜いています。

逆を言えば「既存の方法に問題提起したり新しい見方を提示することしかできない」とも言えますが……それこそ多くの人ができない、しかもおろそかにしがちな「大事なこと」です。

Tiを駆使してあらゆることに問題提起して疑問を投げかけ、Neで様々な答えや可能性を模索していく。

その力を誤った方向に使えば他人の揚げ足を取るのがうまいだけの人になってしまいますが、うまく扱えば既存のままに止まる危険をいち早く察知したり、深い洞察から無数の選択肢を生み出すような優れたブレインにもなり得るタイプですね。

また、このタイプは基本的に絶対的な答えという物を持ちたがりません。常に柔軟に応対し、必要に応じて議論をふっかけたりしながら「最低限ズレちゃダメなところがズレなきゃセーフ」という鷹揚な姿勢を示しがちなのも特徴です。

スポンサーリンク

INTPの性格

要約すると……

  • 独自理論を掲げる分析屋!
  • マニュアルや規則を軽視し、自分なりの正解を貫こうとする!
  • 信奉する理論や原理原則に絶対の忠誠を誓う!

さて、そんなINTPの性格ですが……おおよそ議論好きというのは割と誰にも適用されると思います。

ですが寛容さや人の良さは、おおよそ当人の健全度や人物の完成度に大きく左右されると言っても良いでしょう。というか、個人的に付き合ってきたINTPの性格は健全度によって段違いです。

あかつき
あかつき

要はここから書かれることは、筆者の主観と私怨って事ですね。わかりますわかります

もっとも、この辺は他のタイプも同様なのですが……INTPだけは健全不健全のどちらともよく関わるので、今回はその観点から見てみましょう。

なんだかんだ言って独自理論系の分析屋

健全だろうが不健全だろうが、とりあえず独自理論を掲げるところ、そして分析や論理的解釈を大事にするところはINTPならだいたい当てはまるでしょう。

基本的には他人を支配・統制することに興味がなく、端から眺めてはちょいちょい突っついて反応を楽しむ食えない奴。ですがその裏では膨大とも言える思考力と分析力、集中力、思考活動に対するタフさを持っており、昼行灯という言葉が割としっくりくるタイプですね。

その昼行灯の裏側の顔である優れた思考回路が、健全ならば問題解決策の編み出し、不健全ならば他人への揚げ足や論破への固執に活かされていくといった感じです。

ぶっちゃけ、実働部隊ではありませんね。どっちかというと頭脳労働専門。兵卒や将軍といった実働部隊よりは戦略家とか兵法家のような裏方寄りの資質といえます。


マニュアルやセオリーを良くも悪くも軽視する傾向もあり、やはりどこまで行っても独自の原理原則(Ti-Si)に基づく分析結果の提示を好みます。例えば説明書をよく読まずに機械を動かそうとする、規則を無視して独自裁量で物事を判断するなど……。

時としてそれが的外れのこともありますが……世の中にはマニュアル通りや正攻法では絶対に失敗するような事なんて山ほどあります。そういう時にINTPのブレインがいれば、かなり頼もしいでしょうね。

心の拠り所がどこにあるのかわからない

さて、では次に健全不健全の違いを見てみましょう。

INTPには、ほぼ必ず心の拠り所にしている原理原則が存在します。

例えば「世の中は悪人だらけだ」という原則に従っていれば、どんな善人に対しても必ず疑いの目を向け、悪人であることをあの手この手で暴こうとするでしょう。

これはINTPが性悪説論者だからそうするというわけではありませんよ。あくまで例え話です。

ともあれ、INTPにとっては、自分が「正しい」と感じて信奉した理論は絶対の、犯されてはならない聖域です。聖域の破綻は、自らの破綻に等しい最悪の事態です。それを避けるために、INTPは様々な手を尽くそうとするわけです。

ある意味INTPの健全性の違いは、この絶対の信奉する理論が脅かされている最中なのかそうでないのか、あるいは周囲に悪影響を与える物なのかどうかにかかっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

INTPあるある

  • 論理的かそうでないかだけが重要で、それ以外は割とどうでもいいと思っているところが実はある
  • 請求書の支払いや健康的な生活、マメな人付き合いなどをしょっちゅう忘れてしまう
  • 周囲のいろんな物を気に食わないと議論を吹っ掛けまくって論破を図る連中には、正直ちょっとシンパシーを感じてしまう
  • 普段は物静かな方なのに、好きなことになると途端におしゃべりになってしまうところがある
  • 自分の分析にケチをつけられるのが、実はかなり嫌い
  • 批判的かつ分析的。これこそが最強の理論モデルだと思っているところがある
  • 「どうして気持ちに気づいてくれないの」的なキレ方をされたことがある。今でも割と意味がわかっていない(ちょっと前までわからなかった)
スポンサーリンク

補足

当ブログで取り扱っている16タイプの考察は、一般社団法人日本MBTI協会(Japan MBTI Association)の認可を得ているものではございません。
MBTI書籍を参考にはしておりますが、位置付けとしてはあくまで公式とは無関係な独自理論となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

16タイプ一覧

ー S J 型 ー

ISTJ ISFJ

ESTJ ESFJ

ー S P 型 ー

ISTP ISFP

ESTP ESFP

ー N F 型 ー

INFJ ENFJ

INFP ENFP

ー N T 型 ー

INTJ ENTJ

INTP ENTP

コメント

タイトルとURLをコピーしました