【エニアグラム】不健全な人に!マトモな行動アドバイスは!通用しません!

エニアグラム

正直ね、各タイプの行動に向けてのアドバイスを書いてて大体思うんですよね。

あれって、残念ながら通常段階以上の時に意識するものです。間違っても、不健全時に意識すべき方法ではありません。

せっかくコメントでそこんとこ言われたわけですし、じゃあ今回は不健全な人の現状どうすりゃいいのかを、あくまで医学的とか関係なしに私個人の目線で語っていきましょう。

スポンサーリンク

そもそも不健全って?

そもそも不健全な状態とは何かというと、囚われや根源的恐れに意識のほとんどを持っていかれ、精神的な均衡も余裕もぶっ壊れ、もはやタイプとしての意義もマトモな精神も保てない状態です。

正直、通常段階であれ行動のアドバイスであれ、もはや不健全まで落ちた人間はそんなもの見ても当てはまらないし、それ以前の状態と言えるでしょう。

何かしらの強迫観念に囚われ、人生に絶望し、目に見える人もみんな敵に見え、もはや何をするにも不安や焦燥感に駆られてマトモな判断も安定した行動もままならない。

正直、心療内科にでも行けばかなり高い確率で(下手すりゃ十中八九)精神疾患か、あるいは人格障害の診断が下るでしょう。

落ちるところまで落ちてるんだから、当然各タイプの長所を生かすなんて無理だし、そんなことより精神の均衡を取り戻すのが先ですよね。

スポンサーリンク

各タイプの囚われと暴発トリガー

さて、それでは次に、各タイプの根源的恐れ、根源的欲求を見比べてみましょう。

タイプ根源的恐れ根源的欲求
自分が悪く、堕落し、よこしまで、欠陥があること高潔でありたい
自分が愛されるにふさわしくないこと愛されたい
自分に価値がないこと、本来価値をもっていないこと価値ある存在でいたい
アイデンティティや個人としての存在意義をもっていないこと自分自身でありたい
役に立たず、無力で、無能であること有能でありたい
支えや導きを持たないこと安全でありたい
必要なものを奪われ、痛みから逃げられないこと幸福でありたい
他者に傷つけられ、コントロールされること自分自身を守りたい
つながりの喪失、分裂平和でありたい

で、ここから導き出される暴発トリガーはこの通り。

タイプ囚われ暴発トリガー
怒りみんな間違ってる!自分しか正しいことをしていない!
プライド誰も私を愛してくれない……
欺きどうなろうと自分は成功してる!天才なんだ!そうじゃなきゃいけないんだ!
嫉妬自分の個性を誰も認めない!自分は生まれてくるべきじゃなかったんだ!
ためこみもはや自分ではどうにもならない。世界に押しつぶされるだけ……
恐れ私が信じたものは正しいんだ!正しくなきゃダメなんだ!
貪欲全部手に入れなきゃ!空っぽは不幸なんだ!
欲望俺は無敵俺は無敵俺は無敵俺は無敵……
怠惰都合の悪いことなんてなかった(現実逃避)

残念ながら、暴発トリガーに関してはオフィシャルではありません。あくまで不健全化前に表出するという心の警告信号をもとに、憶測まじりに導き出しただけのものです。

ですが、エニアグラムには根源的恐れがあります。根源的欲求もあります。それらから見えてくるものは、各タイプが見たくないものと陥りやすい現実逃避です。それを私なりに精査した結果がこれなのです。

信じるかどうかお読みになっている方にお任せしますが、一応私から出せる情報はこんな感じですね。

あかつき
あかつき

要は根源的恐れを避ける、あるいは根源的欲求を満たしたと思いたいあまりに、都合のいい妄想を並べるのが暴発トリガーですね

不健全化した各タイプの思考回路

正直多分に妄想と憶測が入っていますが、おおよそ不健全化したときの各タイプの考え方は以下の通りなのではないでしょうか?

タイプ不健全時の思考回路
相手は間違っているのだから、どんな捌きを下してもいい!自分は絶対正義!
(自分が間違っているのを認めたくない)
これだけ尽くしたのに認めてくれない!間違ってる!何が何でも私を見ろ!愛せ!
(何をしても愛されないんだから強硬手段しかない。暴力、洗脳、被害者ムーブと手段を選ばない)
自分は絶対に何が何でもうまくいってるんだ! or もう人生クソだしお前ら許さん復讐したる!
(もはや犯罪や詐称にすら手を染めてでも自分の成功を確信しようとする、あるいは何をしても保てなくてヤケを起こす)
認めてくれない相手も認められない相手も全部が憎い。いっそ全部壊れてしまえばいい。
(もはや何もかもがダメになっての自暴自棄)
お前も社会も全部認めん。否定する。お前らが私を認めないんだから当然だ。この世のどこにも居場所はないんだ!無敵の他人にでも何でもやってやる!
(自分に原因があること=無能であることを認める余裕がないからこその被害者意識、他責思考)
みんな裏切る!信じてたのに!お前ら復讐してやる!でもそんな事態を招いたのは、自分……?
(他責と被害者意識による徹底した他者への攻撃と、それによって被害を生んだ自分への自傷行為(強い自責、あるいは自分への責任の緩和目的)の繰り返し)
楽しくない。人生全部ダメだ!お前のせいだ!世界のせいだ!苦しい!誰か助けて!
(喪失感や苦しみから逃れたい。現実逃避できるものに何でも飛びつく。自他に対して破壊的になり、自暴自棄に自らを苦しめたり他者を攻撃する)
俺は無敵俺は無敵俺は無敵俺は無敵…… or  どいつもこいつも裏切り者ばっかりだ!
(無敵感への異常な執着による無謀な行為や越権・違法行為を繰り返す。奪われることへの恐怖が周囲への強い猜疑心に変わる)
現実なんてなかった現実なんてなかった現実なんてなかった現実なんてなかった……
(受け止めきれない現実。それらに抵抗し、最終的には交友関係も義務も生活も、場合によっては自分という人格もなかったことにして心の平穏を保つ)

おおよそ不健全になった時に見られる行動は

  1. 根源的恐れに対する徹底的な反抗(カウンター)や、根源的欲求を「果たした」と勘違いするような妄想、現実逃避
  2. 根源的恐れに避けようもない直面したがゆえの茫然自失

と言った具合ですね。ただただ現実逃避を繰り返したり、絶望しきったり、周囲の誰かのせいにして傷つけることで無理矢理自分を保ったりする状態です。

ここまでいけば、もはやメンタルは崩壊したと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

では、どうすればいいのか?

ぶっちゃけましょう。お手上げです

元来不健全な状態は本人の努力ではどうにもならない八方塞がりの時に落ちていくものです。

通常は退行や鉛の法則による他者への嫌がらせといった、いわゆるアクティングアウトによって、不健全化や自我の崩壊を避けています。

ですが、不健全状態というのはもはや自我を保てずに崩壊が始まった状態

もはや普通のストレス発散や善良な手段だけでなく、幼稚な性格への変貌、誰か他人をいじめることでの憂さ晴らしもわがまま放題に周囲を破壊することも全て失敗して、打つ手がなくなった状態を不健全と呼ぶのかもしれません。

これならもう、個人の努力ではどうにもなりませんね。素直に人の力を借りるしかありません。

心療内科や精神科に通って、カウンセリングにカッコつけない自分の等身大で相談事を持ち込み、ゆっくりと体を休めてメンタルの回復を待つ。これしかないです。

あくまで不健全状態は一時的なものがほとんどとされていますが、結局うつ病だの統合失調症だのと状況は近いです。

下手をすれば年単位の療養が必要になりますし、その心算もいります。

健全化に向けての行動なんぞより心の安定を取り戻すことが何より先決なので、まずは気持ちを休め、1人の時間もしっかり確保し、しっかりと専門医やカウンセラーに弱音をぶちまけ、余裕がある時にこそ自分の本音とゆっくり向き合ってみましょう。


仮に周囲に不健全そうな人がいる場合も同様で、無理矢理健全化に向けた行動を強制しても逆効果です。反発されて大火傷をする前に、ゆっくりとした時間の中で自分と向き合ってもらうようにしたほうが正解です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました