自重しないエニアグラムタイプ8:天下狙いのジャイアニスト

エニアグラム

タイプ8は、エニアグラムのタイプの中では最も少なく、特に日本ではその姿を見かけるのもかなり珍しいとされています。

それもそのはず。タイプ8はリーダーの後ろで忠実に動く一般的な日本人像とは真逆の、「俺についてこい」的な属性が色濃いパワフルリーダー。

「挑戦する人」「リーダー」という異名を与えられており、まるで昭和の経営者のように周囲をけん引、強烈なカリスマ性を発揮して、人々に慕われると同時に怖がられます。

まあそんな感じで強引・タフな性格のため、しょっちゅう脱落者や反逆者を出すタイプでもあるわけですが……

スポンサーリンク

「全力・正攻法」がモットーのマッチョマン

タイプ8が生きる上での基本戦略は至極単純。進む、ぶち破る、手に入れる。これだけです。

四の五の言わずにひたすら前進。目の前にある壁は破って壊す。敵がいるなら殴って黙らせる。仲間や財宝が欲しくなったらかっぱらう。実にわかりやすいですね。

実際、タイプ8の基本方針はかなりわかりやすい人が多いですね。

お金や権力が欲しい、仲間に良いものを食べさせたい、好きな人に振り向いてほしいetc……目標は人によって色々あれど、その目的を達成するための道は案外単純です。何というか、無駄なことがほとんどないんですね。

だいたいの行動は欲しいものを手に入れるため。あるいは自分の目的を果たすため。割と手段を選ばないマキャベリスト的な側面も、タイプ8にはあったりします。

敗北者は必ずすべてを奪われる

タイプ8の目的は基本的にさまざまですが……実は力のある立場を欲しがる・影響力を持ちたがるというひとつの共通点があります。

タイプ8の脳内世界は、食うか食われるかの弱肉強食。隙を見せればすぐに攻められ、力の無い者は他人の奴隷となるのが自然の摂理です。

そんな「力ある者が力無き者を好き勝手に操る」「みんな付け入る隙を狙っている」という自然の掟を嫌と言うほど見てきたために、タイプ8は「弱みを見せたら付け入られる」と心の底では強く思っています。

人に邪魔されない強さを持つため、あるいは「自分は操られる側の人間ではない」と宣言するため、タイプ8は1番上の地位を狙う事が多いです。

そんな感じでライバルには容赦のない人が多いタイプ8ですが……反面自分の身内には案外強権的で威張り散らす人は少なく、むしろ優しくて面倒見がいい人も少なくありません。

というのも、タイプ8は幼いころから「扶養者としてみんなを周囲から守らなければ」「自分の身は自分で守らなければ」と気を張っていたから、自分より強い相手・自分の敵になりそうな相手に冷酷なだけ。

自分のみをおびやかさない人には敵対する理由が無いので意外と友好的ですし、目下の存在になれば何だかんだ本人なりにかわいがってくれることも珍しくありません。

タイプ8の人たちは「自分は強い」と信じている勇者型のタイプ6に割と似ていますが、身内に対しては裏切りを警戒せず無条件で甘いところがタイプ6との違いですね。

ロンリーハート@はがねのよろい

タイプ8の多くは明朗快活で声が大きく堂々としており、人にナメられたり見下されることはまずありません。

気丈で気が大きく、時に横暴で傷つくことを知らないようにも見えますが……内心は意外とナイーブで傷つきやすかったりします

現に幼少期は意外とおとなしかったり、普通に泣いたりしてた人も多いとか……?実際、私が知っているタイプ8にも、子供の時は泣き虫の怖がりだったと言っている人がいますね。

タイプ8は人並みを超えたタフさと気丈さを見せる人たちですが、その内面は必ずしも超人だとか化け物だとかではありません。表向き平気にいている裏で、実は結構傷ついたりショックを受けたりしているのです。

タイプ8はただ「弱みを見せたらつけ込まれる」「守るべき相手の前で弱みを見せられない」と気を張っているだけで、中身は案外普通の人です。

負けないために、強い人であり続ける。

そう評するのが、彼らタイプ8の正しい認識なのかもしれませんね。

さて、先ほど「身内には優しくて面倒見がいい」とは言いましたが……実はこれには例外があります。

それが、裏切りや「守り切れないかも」という不安で精神が不安定になり、不健全な状態に陥ってしまう時。

この時ばかりは、タイプ8は自分の身ひとつを守るのに必死になってしまいます。

例えば突然姿を消して引きこもるだとか、仲間を傷つけて自分の力を誇示するだとか……。

もともとタイプ8はゴリゴリの個人主義者。自分の地位が脅かされるのであれば仲間であっても容赦せず、無理難題を押し付けたり理不尽な怒りを向けたりして絶対服従を誓わせようとしてきます。

「自分は自由にやりたいんだ!そのための力は誰にも奪われてなるものか!」、と。こんな悲鳴が聞こえてきそうですね。

ぶっちゃけ、不健全すぎるタイプ8と勇者型のタイプ6は区別がつきにくいところがあります。彼らはどっちも仲間を信じず、自分が少しでも怪しいと思った身内は斬り捨て、周囲に自分の力を誇示しなければ不安で生きていられなくなりますから。

タイプ8の囚われ「欲望」

タイプ8は基本的に物欲も強いですが、それが囚われの全てではありません。

囚われの本質は、「自分が好きにできる環境を失いたくない」という気持ちです。

弱肉強食主義のタイプ8が最も恐れるのは、誰かの奴隷となって自由が根こそぎ奪われること。

人に負けて誰かの下につき、自分が自由に行動できなくなるのを何より怖がります。だからこそ力を強く求めますし、人にも強烈に自己主張します。

ですが、そのせいで自分の弱みを人に開示できなかったり、そもそも気づけないことも少なくないのです。

傷つきやすさと本当の仲間

本当の自分の心に触れ、悲しみも傷つきやすさもすべて受容する……なんてのは人格者らしき人はだいたいみんな声高に主張している陳腐な言葉ですが、普段から自分の脆い面に気づけないタイプ8にとっては非常に重要な要素です。

とりわけタイプ8にとってネックとなる部分は、一種の素直さなのではないでしょうか。

「遠慮しない物の言い方」「竹を割ったような性格」という意味では素直な彼らですが、意外と自分の隙や弱み(悲しみや感謝など)を出せる人は少ないように思えます。

どれほど相手を大事に思っていても、またどれほど相手を信頼していても、他人がタイプ8の思いに気づけることは少ないというのを何よりも念頭に置きましょう。

本当は悲しみや心の傷、悩みなんかも打ち明けるべですが、初手からだと難易度は高いでしょう。まずは仲間たちへの感謝からです。

わざわざ場を設けるために物を与えるとか飯をおごるとかではありませんよ。大概タイプ8はその辺の配慮は十分やってるはずです。大事なのは、素直な気持ちを表現すること

人に自分の本心をしっかりと話し、また相手からも自分の本心に対してどう思ったか、どうすればいいかをしっかりと聞く。で、実際に実行しないまでも1つの選択肢として考慮し、感謝の意を示す。

そうして楽しいだけではない一種のウェットな関係を人と構築できたとき、タイプ8にとってより世の中は生きやすくなるはずです。

他人に本当の意味で心を開くのが、タイプ8がより生きやすくなるための第一歩です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました