エニアグラムタイプ8が嫌われる理由を独断と偏見でまとめてみた

エニアグラム

エニアグラムに興味を持てば、「あ、このタイプ嫌い」という勝手な偏見を持ってしまうことも普通にあります。

というか心理学や占いなど、「人を特定の方に当て嵌める」タイプのものが抱える宿命だと思います。

今回は、タイプ8が嫌いな人が「なぜ彼らを嫌うのか」という点に的を絞って考えていきましょう。

……無論、全タイプやりますよ?

タイプ8の概要はコチラ

スポンサーリンク

タイプ8のココが嫌い!

タイプ8も、結構あちこちで「嫌い」という声を聞きますね。もっとも、「怖い」という意見のほうがよっぽど多い気がしますが……。

ともあれ、強烈さから敵を作りやすいのもタイプ8。早速悪口を書き連ねていきましょう。

強情すぎる

自我と自負心の強いタイプ8は、強情で人によく逆らいます。

タイプ7のようにニコニコしながら間違って一線を超えるのではなく、タイプ6のようにわかった上で「俺は無敵」と唱えながらやらかすわけでもない。

わかった上で、「とりあえず意見は通したいからなぁ」「ま、しゃーない!何とかなる!」と割と雑な気持ちで人の心を踏みにじるところがあります。

まあ実際リーダー適性が高くて決断力や実行力に富んだ人ですが、そういう強みがあるからこそ怖い。

特に彼らの上に立つと余計おっかないんですよね。謀叛とか平気で起こしそう。

仮に本人たちにその気がなくても、やることなすことに立場を考えずケチをつけることすら普通にあります。

基本頭の中が乱世なので、下克上も突き上げも上等なんですよね。諍いの種になることも少なくないため、上だけでなく周囲の人間は気が抜けません。

あかつき
あかつき

というか、割とゲーム感覚で人に逆らってないですか?「どこまで無傷で相手を踏みにじれるか」ってチキンレース的なやつ。

まったくなんつー連中だ……

情が無い

まあ、実際は傍目には情が無いように見えてしまうだけですが……周りからしたら同じことです。

別記事でタイプ6のことをピラニアと呼びましたが、「恐怖や敵視に敏感で激しく興奮する」という観点で言えば、タイプ8はピラニアのそれを凌ぐかもしれません。

タイプ6ほど簡単に敵対関係に陥りませんが、もしも万が一虎の尾を踏んだらもう終わりです。

敵対関係にあるタイプ8はどんな手を使ってでも潰しにかかってくるので、どちらかが完全敗北を喫するまで戦いが続くものだと覚悟しておいた方がよいでしょう。

もっとも、普段はどれだけキレ散らかしても暴言を吐いてきてもなかなか敵対関係にはならないですが……ぶっちゃけ敵視なのか単なるド突き合いなのかわかりにくいんですよね。

その点も関わっててヒヤヒヤするポイントです。

独りよがりで高圧的

タイプ8は自分なりの正義感や道理に則って行動するのはタイプ8の美点の一つ。

ですがアホみたいに固い意志をナチュラルに持っているうえ、割とスナック感覚のように人にぶつけてきます。

要するに、自分の正義が自分にも他人にも、下手をすると世の中にさえ適用されるべきだと思っているところがあるわけです。

人を対等に見てるつもりが、大抵の場合は見れてないんですよね。

不健全気味になってくると、道理も物事の筋も、自分の都合や利害によってコロコロ変わってきます。

いや、むしろ自分の語る道理をコロコロ変えて、最大限の利益を搾取するゲームを楽しんでいるところすらあるかもしれません。

筆者がこれまで見てきたタイプ8は、だいたい以下の通り。

  • どーでもいい点でちょっとだけ妥協してみせて「これ以上妥協しません」と不退転の構えを見せる
  • ナチュラルに人を道具としてみなし、大事な人すらも時に平気で使い捨てる
  • マイギレして癇癪を起こすのも、暴力行為や強迫に走っても本人的には交渉手段の1つに過ぎない。つまりわかってて冷静にやってる故意犯

事の大小はあれど、関わってきたタイプ8はだいたい上記のどれか1つはやってましたね。

あかつき
あかつき

自分の都合や利益>>>>越えられない壁>>>>>>>>大事な人や守るべき子分たち


無意識レベルでこう思ってるんじゃないですかね。

なお、素でやらかして後から猛省するか「何が悪かったんだ」と混乱するまでがお約束です

妥協も嫌いなのでまず折れませんし、反対にこちらが折れると「弱いから折れるんだ」「簡単に折れる方が悪い」などといけしゃあしゃあと言い始めるタイプ8も少なくありません。

無遠慮で空気を読まない

はい、ここまで書いたら勘の良い方はお気づきでしょう。彼ら、空気を読めません。仲が良くなると、むしろ積極的に壊してきます。

タイプ8は自分の意見や信念に正直なうえ、他の人もそうあるべきだと考えてます。

だから相手にも忖度抜きの本音を求めますし、空気を読んで遠慮とかアホくさいとすら思っているかもしれません。

唯一の救いは正直な意見が否定的な内容でもちゃんと真面目に聞いてくれるところですが、他の人からすればやってみないとわかりませんよね。

まあ、基本的には「そういうもんだ」と思っといたほうがいいでしょう。

タイプ8は権謀術数や平和的解決の一環として妥協を知らない限り、そ無礼を指摘してもマジギレされる事もあります。

瞬間湯沸かし器

タイプ8は、気に入らないことがあるとすぐキレます。瞬間湯沸かし器です。リンナイもティファールも真っ青です。

しかもタチが悪いのは、単なる癇癪持ちと違って自分の意見を通すための手段の一環として、「キレ散らかす」という手札を切っている点です。

感情的な人は怒鳴り散らし、クールな人は理詰めで徹底的に相手の心をペシャンコにしてきます。

キレ散らかすことで相手を徹底的に破壊し、意見ごと相手をひねりつぶすことで自分の意見を押し通す。

これはある意味、怒りという感情を一番わかってるかもしれませんね。

頭ごなしにキレ散らかす事も理詰で相手の心をぺしゃんこにする事も、タイプ8にとっては自分の意見を押し通すための手段です。

だからこそ言いたいことを一通り言えばケロっと元に戻るし、反論されると面白がる一面もあるわけですが……終わった後はまず焼け野原でしょうね。

確かに癇癪やマジギレは意見をゴリ押す手段としては優秀ですし反論を聞く耳はあるからいいんですが、手加減を知らなすぎるのはヤバいですね。

甘噛みやジャレ合いで相手を噛み殺すタイプというかなんというか……

っても、このタイプ、やはり日本では稀有な長所を持ってるのも語らずにはいられない特徴です。

次からはタイプ8の長所についてもちょっと見てみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました