【16タイプ】コミュ障のENFJはどう生きていけばいいのか

16タイプ(MBTI)
スポンサーリンク

今回はいただいたコメントに対するお返事代わりの記事となります。

今回いただいたコメントはこちら。

「コミュニケーションが苦手なENFJの生き方についての記事も見てみたいです!」

……なるほど、コミュニケーションが苦手なENFJですか。

私の貧相な想像力でよろしければ、いろいろと考えていきたいと思います。

そもそもコミュニケーションが苦手なENFJとは

ENFJと言えば、どうしてもコミュ強のイメージが強いです。ですが、中にはきっとコミュ障のENFJもいるはず。まずはどんな人物なのかを考えてみましょう。

まずパッと思いつくのは、アッパー系のコミュ障でしょうか。Fe(外向感情)が主機能でありながらうまく扱えず、空気が読めないため空回りするタイプですね。

とはいえ、今回のコメントの趣旨を考えると、考えるべきはこちらではありません。

今回考えられるのはダウナー系と呼ばれる方。要するに人と関わる時にどもってしまったりうまく喋ることができない方の人たちですね。

ENFJの中では珍しいですが、間違いなくこういう人は存在すると思います。

以前ENFJの陰キャについて記事を上げましたが、だいたいあんな感じに収まるのかなと。

例えば周囲に配慮しすぎて自分の意見をうまく言えなかったり、超繊細でちょっと関わった人を理想化しやすいような、そんな人物に落ち着くのかなと。

心優しい人物が多いですが結構空回りして、そんな自分を追い込むことでダメージを負っていくような、そんな負の連鎖を引き起こしていそうですね。

あかつき
あかつき

人とは関わりたいんですよね、基本的に。

ちなみに空気に乗りたくても乗り切れない人でもありそうです

スポンサーリンク

コミュ障のENFJはどう生きればいいのか

さて、それでは本題。ENFJはどう生きればいいのか?いろいろと考えていきましょう。

信念に殉ずる

まず一番単純なのは、自分の信念に殉ずる生き方を目指すことでしょうか。

ENFJは壮大な理想を抱く傾向にある……かもしれません(直感ですが)。その理想に準じるため、活動を始めるのです。

ぶっつけの口頭では無理なら台本を用意してみるとか、文章で伝えてみるとか……。探せば結構手段はあります。

今時はネットも発達し、情報発信の手段には事欠きません。自分の考えや信念を言葉に乗せて、辿々しくてもいいので発信してみるのもいいかもしれませんね。

あかつき
あかつき

真面目に聞いてくれる人は少ないですが、聞く人は案外聞いてますね

理解者探しが急務か

ENFJは基本的に、「人と一緒に考えて進んでいく」という側面と「自分の理想を突き進む」という側面の両方を持っています。

多くの場合は人と一緒にいろいろ考える中に自分の考えを上手いことたらし込んでいくのですが、コミュ障の場合はそれが結構難しい。

となれば、自信のコミュ障をわかってくれる人を探すことが、まず一番の急務なのではないでしょうか。

わかってくれなければ、自分の考えに影響を受けてくれる人はいません。いつになっても自分の理想のりの字も叶わず、フラストレーションを溜め込んでしまうでしょう。

ですが自分をわかってくれる人がいれば、コミュ障な一面もしっかり理解し、自分の考えを変わりに伝播させてくれる可能性もあります。

あかつき
あかつき

理解者理解者と。筆者は基本そればっか言ってますね。いや、大事なのはわかるんですけど……

台本を書いてから喋ってみる

一対一で話す時にいちいち台本を書いていたのでは労力が半端ありません。ここで言っているのは、一対一ではなく一対多、つまり演説や情報発信のことを指しています。

そう聞けばコミュ障的にはぎょっとするかもしれませんが、ENFJの役割として非常に大きな部分を占めるのは、人を惹きつける理想家、そして周囲にバフを振りまくバッファーです。

となれば必然的に周囲と関わること、というより不特定多数を相手にすることは基本的に避けられません。

基本的にそこには天賦の才があるので、活かさないで生きるのは結構もったいないです。

嫌よと避けずに、一度真面目に考えてみるのもいいかもしれません。

どうしても嫌なら哲学者をやるのもあり

これもまた情報を発信する必要があるため苦行かもしれませんが、理想を語るよりは難易度低めです。

哲学者として自分の考えをブログやYouTubeなど、いろいろな手段を使って発信していく。これなら、コミュ障でも不安少なく取り組めるはずです。

意外とガチガチの思想系ブログや動画って少ないんですよね。なぜなら人を選びすぎるから。

こういうのはINFJあたりの方が得意ですが……ENFJも似たようなことならできるはず。

ここはひとつ思い切って、思想の世界で自分の考えをぶちまけてみるのもいいかもしれません。

王道・芸術

正直ENFJの長所をあまり活かせないのでおすすめするのははばかられますが……芸術に生きてみるというのは王道ですね。

補助機能とは言えNi(内向直観)があるため、きっと形にしたい何かがあるはず。

特に風刺系とか強そうですね。社会に対して思うことの1つや2つあるでしょうし。

忸怩たる思い、世の中への恨み、自分の不幸。何でもいいです。形にして世に出せば、もしかしたら名作が誕生するかもしれません。

文芸よりは外に出る方が吉

頭悪いINTJには文芸を勧めましたが、正直ENFJには文芸をあまりお勧めはできませんね。せいぜいあってブログくらいでしょう。

なぜかというと、まどろっこしく感じる可能性が高いから。

体感ですが、E型の人たちは口頭で話す方がやりやすく、文章では非常にまどろっこしく感じて長続きしない人が多いです。

というわけで、外に出ましょう。筆を捨てて、外界で勝負してみましょう。

ENFJでコミュ障というのは基本的に外界慣れしていないか、何かしら重大な欠陥や障害を持っているかしか私には考えられません。

基本的に外に慣れれば、それだけでもそこそこ話しやすくなってくるはずです。

あかつき
あかつき

あ、それでもそこそこでしかないんですね

理想を捨てられるなら日陰で生きることも可能

はっきり言って、ENFJは理想ありきな側面を持っています。よって理想を捨てることは半身を捨てるに等しい行いですが……それでもそれができそうなら、その辺の日陰者としてひっそりと生きていくこともできるでしょう。

ただ、やはりお勧めはできませんね。思ったこと、自分の理想とする世界を外界にぶつけ、そうやって自分の考えに賛同する人を増やしていく。どうやっても、これがENFJの理想の生き方です。

その理想の生き方を捨てるのは、非常にもったいない。個人的には、どうしてもお勧めしたくありません。

ですがそれでも「理想よりは人と関わらず暮らしたい……」という場合は仕方ないでしょう。人とか変わらない仕事を探してそこに永住することも、自分の適性を鑑みた上での英断と言えます。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、今回はコミュ障なENFJがどんな生き方をすればいいかを私なりにいろいろと考えてみました。

ENFJの武器といえばその人たらしとも言えるコミュニケーション能力ですが、それがなくても強固な理想、世界や人間への慈愛のようなものが残っています。

それらを前面に出していけば、おそらくは一部の強固なファンに囲まれ、一定数認められながら生きていけるでしょう。

まあ思想なんて発信していては、ファンより先に大抵アンチが先についてしまいますが……その辺りは致し方なし。乗り越えていくしかありません。

もしファン一号が出てくれば、あとは少しずつ、少しずつでも伸びていくはず。

ファンを大事にしていれば、やがて大きな力となり、世界に何らかの形で寄与できるようになるはずです。

といったところで、今回はここまで。

普通のENFJの記事も上げておりますので、よろしければそちらも合わせてご覧くださいませ。

筆者:春眠ねむむ
X :@nemukedesiniso
threads:@shunmin.nemui

補足

当ブログで取り扱っている16タイプの考察は、一般社団法人日本MBTI協会(Japan MBTI Association)とは無関係な、春眠ねむむ個人による独自解釈の結果を書き記したものになります。
MBTI書籍を参考にはしておりますが、あくまで独自理論・独自考察となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

参考書籍

タイプ一覧

16タイプトップへ
ISTJ  ISFJ ESTJ ESFJ
ISTP ISFP ESTP ESFP
INFJ INFP ENFJ ENFP
INTJ INTP ENTJ ENTP

心理機能一覧

Te Ti Fe Fi
Se Si Ne Ni

コメント

  1. 高木さん大好き より:

    おもしろかったです。
    ただコミュ障とE型ってあんま結びつかないんですよね。コミュ自体がEの極みで、それが難しいのならI型にしか無い現象のかなとか思ってたのですがどんな理屈なんでしょうか。

    ひとつ自分として考えたのは、自分が大好きな漫画キャラ…というか高木さんですが、その子は推定ENFJなのですが、高木さんには大好きな西片という人がいて、西片にたいしてだけは超積極的なんです。
    で、ほとんどの心理機能を西片のためだけに使い、Feで西片の気持ちを膨大な量捉え、Niで細かい所まで察して精査収束していくということをやっており
    そして大好きな気持ちFiはめちゃくちゃ高いけども、西片自身が一番というのを徹底しているのでFe主機能Ni補助機能だと思うんですよね。
    主導FeだからNiが突っ走ることはなく非常に正確に頭の中に大好きな西片を作りあげてます。
    ちなみにこれがENFJと推定した理由なのですが考え方的におかしくは無いでしょうか。
    絶対ねむむさんのが自分より詳しいので少しでも違和感あったら知りたいです

    また、高木さんは西片に心を全部使いたいためか、他の人とのコミュニケーションは非常に少ないし、どんどん少なくなるんですよね
    おそらく高木さんは西片以外にはIXTXの内向ペルソナを被っております。
    (そもそも積極的に関わりたいのが西片だけだからそれ以外に内向なのは言わずもがな。
    このペルソナ自体が論理的思考による産物だと思うのでペルソナはT型な気がする)
    するとまあ対外的にはそのうちコミュ障に見られることもあるかもしれない。少なくとも一貫して西片以外からは内向型には見えるでしょう
    (そんな徹底的なとこがまた自分は大好きなのですが)

    というパターンです。
    なんか考察おかしなとこあったら言ってください。
    好きな漫画キャラの話ばかりしてすみません。でも好きなんです。

    • 春眠ねむむ 春眠ねむむ より:

      高木さん大好き様

      ありがとうございます!

      まあ、なかなか結びつかないですよね。ただ「人前に出たいけど怖くて出れない」とか、「外部の影響はよく受けるけど人前に出たくない」みたいな外向型はいるのかなと。

      なるほど。唐突に訳が分からなくなる材料を投げ込んでしまいますが……実のところFeは博愛、Fiは狭い範囲の純愛に近い傾向があるとかないとか。無論、信じるかどうかはお任せします。
      とりあえず理屈としてはなんとなくわかるような?ただ一点、「西片が一番と言うのを徹底しているので〜」のくだりだけがよくわかりません。もう少し詳しい解説をいただけたらなと……

      個人的には結構面白いので構いません。どうしても記事更新を優先しているので亀レスになってしまいますが……

  2. 高木さん大好き より:

    追記で普通はFiだけを好きな気持ちとしてつかってると思いますが
    高木さんは全ての心理機能を好きな気持ちとしてつかってる所があります。
    Fe→Niは説明した通りですし
    Seも西片といろんな体験したい!とかTiも西片の行動パターンを考えるのに(西片が~したら~だから~すると思って、と詳細に口で説明してる場合はFe→Ni→Tiとつかってる気がします)使いますし
    全てが好きって思いに繋がる動きなんですよね
    といってもあまり使われない機能もある気がしますが。
    Teは使う必要がないからほとんど使ってない感じでしょうか、洞察が常に収束的かつ的確すぎるのでNeもあまり使ってない気がします。
    大切な記憶をNiが担うのであればSiもあまり使ってない気がします

    ここも考察に変なところあったら教えて欲しいです。

  3. NF より:

    こんにちは。
    今回の記事のコメントについて書いた本人です。
    書いていただき誠にありがとうございます。楽しく拝見させていただきました。

    私がおそらくENFJと推定されたあとに振り返ってみるとコミュ障と揶揄されることが過去に多かったこと、一般に社交的と思われる人とかなりズレている道を歩んでいる(汗)ことから以前のコメントをさせていただきました。

    特にENFJというとFeが主機能で人と関わり、人との輪の中で成長をしていくと言うイメージが強くかなりギャップがあり、王道のENFJとは違う生き方を模索する上で記事でもある理解者探しや思想の発信などまずは狭くでも外界とか変わっていくことが大事なのかと思いました。

    普通のENFJの記事にあった批判や不和が苦手であることや、言葉や出来事の裏を探ってしまい猜疑心が強いことは個人的にかなり当たっていると思います。不安で頭がいっぱいになり、いっそロジカルなイメージのI×T×型の思考回路だったらと思うことも多々あります(汗)。

    自分についての長話をコメント欄に失礼いたしました。
    今後の記事も楽しく参考にさせていただきたいと思います。

    • 春眠ねむむ 春眠ねむむ より:

      NF様

      こんにちは。いつもありがとうございます!

      最近新しく書籍を読みましたが、そこから予想するにENFJのコミュ障って結構多いのかなと思った次第です。何と言っても、理解されにくいんですよね、色々と。

      そうですね。ぜひとも外界に関わっていっていただければと。まずははてなブログで思ったことを色々呟くところから始めるでも構いません。こういうのは小さな一歩が大事なので。
      もしかするとファンよりアンチがつくほうが早いかもしれませんが、これだけ人が生きていれば思想に共感する人も出てくるはずです。そこは粘り強くやっていきましょう。

      ロジカルになれれば……わかります。私ももっとロジックに強くなりたい次第です。と、話がズレましたね。
      猜疑心の強さは、特にNi持ちならば避けられないところがあるのかなと。しかもなまじ当たっている分、本当は違うのに勘を深く信じて失敗してしまうこともありますね。
      その辺りは、保険をかけつつうまく信用していくしかないのかなと。それが難しいですが。

      ともあれ、いつもご愛読くださりありがとうございます。ご期待にふさわしい記事を書いていきたいと日々思う所存です(努力できているかは謎)。