【手相】ソロモンの環(ソロモンリング)はリーダー適性最強の証?

手相解説

「この人こそ指導者だ!」と言われる手相の筆頭格に、ソロモンの環(別名ソロモンリング)というものがあります。

もともと人差し指下の木星丘と呼ばれる場所は指導者向けの線が大量に出る場所ですが……その中でも、ソロモンの環はかなりレアな相だと言えるでしょうね。

今回は、そんなソロモンの環を見ていきましょう。

スポンサーリンク

人差し指をぐるっと囲む線!

ソロモンの環が何なのかというと、図の通り。人差し指の付け根をぐるっと覆うような線ですね。

一般的にソロモンの環と呼ばれる相は、かなり小さいです。人差し指だけを囲むようにこじんまりと刻まれており、木星丘でもかなり上の方にしか存在しません。

ですが、一方で大きなソロモンの環も存在しており、下手をすると木星丘全体を覆ってしまうほどの巨大なものも……。

例を出すなら、図のような線ですね。これは一般的にはマネジメント線や運命線が変化したものだと言われていますが、一方で「少し効果の弱いソロモンの環だ」とする声もありますね。

特にマネジメント線はソロモンの環と同じくリーダーの適性を表すものですし、どちらにせよ木星丘を囲む線はソロモンの環だと判断してもいいかもしれませんね。

ただ、ソロモンの環は大きくなればなるほど効果が効果が薄れます。案外、マネジメント線は弱いソロモンの環だと解釈してもいいのかもしれません。

あればリーダー適性◎

さて、じゃあそんなソロモンの環が、いったいどんな効果を持っているのかを見ていきましょう。

ソロモンの環でわかるのは、ズバリ並外れたリーダーの素質

指導力も知力も人並み外れたカリスマ性あふれる人物に出るとされており、実際に変わり者で影響力抜群の人に多く見られる線ですね。

向上心や野心が並外れており、とりあえず普通にしてるだけでその辺の人とは明らかに違う人。それこそ、「こいつなら何かやってくれる」と思わされるだけの何かを持った人が多いです。

そんな性質上、持っている人は本当にレア。それこそ教科書通りの綺麗なものならば、数千人、下手すると万に1人と言えるレベルの珍しい素質を表す相だと言っていいでしょう。

持ってた有名人なんて、それこそマイケル・ジャクソンだとか田中角栄だとか、そんなめちゃくちゃ濃い人ばっかです。

2重になれば効果2倍!

手相は濃ければ濃いほど意味合いを強めますし、一部例外を除いては同じ線が大量に出れば出るほど意味合いは倍増されます。

つまり、ソロモンの環は大量にあればあるほど、その意味をより強めていきます

それこそ、2重3重とある人は、それこそ周囲の人にとっては考えが理解できないし、なぜかその場にいなくても話題になるような変わり者。言うなれば尾張のうつけ的な存在です。

自分はただ当たり前にしていても、とにかく浮く。そして知らない人に胸の内の野心を語れば「良く考えてる」と絶賛され、当の本人は「本当にそうかー?」とキョトンとしている。

英傑というのは、その多くがたまたま自分にマッチする居場所と協力者を得た変な奴です。ソロモンの環も、もしかしたらそんな素質を表しているのかもしれませんね。

運と信仰心の強さと関係?

さて、そんなソロモンの環ですが……手相に関する教科書をあさっていると、しばしば信仰心や強運とのつながりがよく出てきます。

ちょっとその中でもわかりやすいものを抜粋してみましょう。

神秘的なものを好み、あこがれる気持ちを表しています。強運で困ったことがあっても、誰かが不思議と助けてくれる幸運な環です。
 

とのこと。他にも「神秘に関心が強い」「信仰心がありスピリチュアルとの相性〇」など、強運についても「必ず成功できる」「人に助けてもらえる」「不思議な強運に守られている」などなど……まるで選ばれた人のための相であるかのような書きっぷりが散見されます。

実際、何かを信仰する人は不屈の底力を発揮しますし、窮地に謎の助っ人が現れて英雄になったという偉人もかなり多いです。強運も神秘の力も、その辺りと関係が強いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました