「自分に厳しく人に優しく」は行き過ぎると危険!こんなんできなくて当然です

人間関係いろいろ

我々日本人は、自分に厳しくあることが良いことであり当然であるという風潮の中で生きてます。

それを是とするか否とするかは人それぞれですが……当然何事にも短所があるように、自分を律しすぎてもダメになる点は出てきてしまいます。

そのひとつが自信の無さや卑屈さ。とにかく自分に自信が持てなくなり、いろいろと問題が発生してしまいます。

今回は、そういう自分に厳しすぎた場合の危険に関していろいろと考えてみましょう。

スポンサーリンク

自分に厳しすぎるとどうなるか

「人生は修行なり!」とばかりに、「自分に厳しくすればするほど成長できて素晴らしい!」みたいな考えの人は世の中に跋扈してますよね。

でもこれ、行き過ぎると本当危険です。

人に優しくできない

個人的にいろんな人を見て思う事ですが、自分に厳しくしすぎる人に、他人に優しくすることなんてまずできません!大抵そんな余裕が無いか、あるいは人にも自分と同じハードルを求めてしまうんですよね。

いきなりタイトル崩壊してますが……考えてみれば当然です。自分を徹底的に追い詰めるタイプの人が、他人の失敗や不出来に寛容でいられますか?

誰しもが1番かわいく思うであろう自分をボコボコにぶん殴っておいて、人にはめっちゃ優しいんですよ?

ぶっちゃけ、いたらいたで不気味です。たぶん厳しくしすぎて心が壊れてしまっているか、上手い息抜きや自分の甘やかし方を知っている人でしょう。

そもそもですよ? 賢しらに「自分に厳しく人に優しく」なんて説教してる奴らが、人に優しかった試しがありますか?

少なくとも私が見てきた中では、みんなポイントアップや見返りのための偽善の範疇でしか優しくできない奴ばっかでしたね。小人物です。言葉を真に受けるだけ損でしょう。

卑屈で自信がなくなる

自分に厳しくなればなるほど、「できて当たり前」なことが増えていきます。

困ってる人を助けて当たり前、目標を高く掲げて当たり前、夜寝ずに作業して当たり前、役目のために趣味を捨てて当たり前、寝る時間を削って当たり前、むしろ寝なくて当たり前、24時間フルスロットルで当たり前、フルマラソンみたいな距離を全力疾走で最後まで走破して当たり前、世のため人のために自己犠牲かまして死んで当たり前……。

最初はまだいい。残りは無茶もいいとこ、途中からはすでに狂気の沙汰ですね。自分に厳しくを極めると、最後に行きつくのは自己犠牲でしょう。

さて、こんな感じで無茶なことをやって当たり前になるわけで、何をやっても「褒めるに値しない」「この程度の事しかできない」という発想にしかならないわけです。

こんなので、どうやって自信つけて堂々と振舞えるのでしょうか?

正直、無理でしかないんですよね。

あくまで持論にすぎませんが、もっとも成長の手助けをしてくれるものは自信です。自信があって初めて、厳しさもプラスに作用します。

根幹である自信がへし折れちゃってるなら、もう本末転倒ですね。どれだけ厳しくしても、卑屈の根源にしかなりません。

差別欲求が生まれる

次はちょっと変則的ですが……自分に厳しすぎて卑屈になってくると、差別欲求が生まれます。

あくまで我々も人間。神様でも菩薩様でもありません。余裕が無かったり卑屈になってしまっているときほど、下を見て安心したくなる点を否定できないものです。

「自分は違う」と思っていても、知らぬ間に差別や軽蔑に魅入られてしまうんですよね。

例えば自分より仕事ができない人に対して「なぜこんな簡単な事も出来ないんだ!」と憤ってみたり、犯罪者や異常者を見て「こいつらは地獄に落ちるべきで、どれほど贖罪、更生しようが永久に許されるべきではない」と義憤に駆られてみたり……

受け入れがたいかもしれませんが、これも差別欲求を正当化するためのカモフラージュが大半です。「自分はこいつらとは天と地ほどの差があるんだ」という気持ち、普通に抱いてしまいませんか?そう考えてしまう時点で、それはすでに差別感情なのです。

とはいえ、気に病むことはありません。みんなそういう感情を持ってます。

課されたハードルが自分の限界を超えれば超えるほど、自信を失って卑屈になってしまえばしまうほど、「自分より下を見つけて安心したい」という欲求が高まります。

江戸時代の部落制度とか、まさにその感情が作り上げた制度ですね。残念ながら、人はまだ差別から脱却できていません。

強者のカモになる

これも変則であり、そもそも自信がなくなればなってしまう状態ですね。

「自分はダメな奴だ」と思えば思うほど、当然自信はなくなる。自信がなくなれば、自分の決定に対する自信もなくなります。

「こんな簡単なこともできない自分に、物事を決められない」

そんな絶望感を抱いた人がどうなるかというと、人生の舵取りすら、自信ありげで偉い人に任せてしまう。

ほら、最近の若者の意思決定って、妙に親の影響力が大きくないですか?

あの辺も甘えというよりは、「自分なんかでは何をしてもダメだ」という絶望感や自己否定感が暴走した結果だと私は思います。

「自分の人生の主役は自分だ!」などと言ったところで、どうしてもヤジや否定は飛んできます。

「お前なんかじゃ無理」「やろうと考えることが愚か」「バカなんだから黙って従え」

自信喪失したりナーバスになってると、こういう外野の横槍につい屈してしまいがち。

その元凶が「自分はこんなこともできない!」という無能感や自己否定だとすると、これほど面白くないこともありません。

では優しさはどうなのかというと……これも信じすぎると危険です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました