【閲覧注意】「努力は必ず報われる」は所詮嘘っぱちの綺麗事!それでも……

世の中

「努力は必ず報われる」、と。報われた人たちは口をそろえてそう言います。伝説のプロ野球選手だった王貞治の言葉では、その後に「もし報われない努力があるなら、それはまだ努力と呼べない」と続きますね。

ぶっちゃけこの言葉には賛否両論いろいろな意見が取り沙汰されてます。

ある者はこの言葉に奮起し、ある者は「嘘をつくな」憤慨し、またある者はこの言葉を盾に苦境にある人間を蔑み否定し……。

いずれにせよ、世間に大きな影響力を持つ1種の格言であることは否定できない事実です。

今回は、そんな努力論に関して、個人的な所感を述べようと思います。

色々タガを外して過激なことも好き勝手言ってるので、閲覧注意です。

スポンサーリンク

確かに努力で結果は出るけど……

正直に言いますと、「やればやるだけ必ず結果がついてくる」なんて、「宝くじを何千何万枚と買えば必ず当たる」というのと同じです。

確かに、それだけ宝くじを買いこめば数十万円の当たりは夢ではありません。これは実際に、努力にも同じことが言えます。

コンビニかどこかで副業バイトしてれば数百万円稼げたであろう時間をドブに捨てて努力を続ければ、まあ何事にも「そこらの何もしてない素人よりはマシ」程度の実力はつくでしょう。

で、問題は「必死の努力を培った中の下程度の実力を、いったいどこの誰が買ってくれるのか?」って話です。

世間でささやかれている努力の成果とやらは、そんな「決して上手くはないけどまあド素人でもない」程度の実力を身に着けることではありませんよね?

例えば絵や文章なら、それを元手にプロとして食っていけるだけの状の中くらい以上の実力が無いと誰も努力は認めません。

他の事だってそうですよ。個人事業主として始めた副業も、余裕の顔をして数ヶ月で月数万に達しないと笑われるだけです。

この記事をご覧になってる方も、「努力の結果=1流」で見るような方も少なくないのではありませんか?

確かに死ぬ気の努力を何年も何年も続ければ、そこそこ結果は出ます。

が、吹けば飛ぶ塵みたいな結果を見て「あーよかったねー」と綺麗に締めるしても、努力によって失ったものの採算が取れない。

というわけで、努力の果てに求められる「成果」とやらに達するには、血を吐きながら突っ走るだけでは不可能です。

「努力は報われる」は報われた人間の言い分

はい、そうですね。そういうことです。血のにじむ努力の結果を噛みしめてる人か、あるいは片手間で運よく成功しちゃった人か、あるいは人を見下すための大義名分として言ってるだけの小物かは知ったこっちゃありません。

ただひとつ言えるのは、「努力は必ず報われる」と外部に喧伝してる人の中に、現在進行形で苦境にある人はほとんどいないってやつですね。

努力は報われるって、そりゃそうだ。実際言ってる本人はすでに報われた後か、あるいはそもそも努力なんぞほとんどしてないんだもの。

人間とは勝手なもので、結果さえ出ていればちっぽけな努力を「頑張った」と誇大に言う事も自分のことを棚に上げて他人の苦労を過小評価することも少なくありません。例えば、「お前の努力なんて、自分の努力に比べればたかが知れてる」みたいな。

他人の100時間より自分の1時間のほうがはるかに重く長く見えるのが人間です。

「その程度で音を上げるな」「甘えるな」「逃げるな」「自分はお前なんかよりもっと……」

うるせぇ知るか特に最後の

こういう具合だから、まあたとえ正論であっても苦境にある人の耳には届かないんですよね。

「神様は見てる」って嘘つくな

努力だけでなく善行悪行に関してもよくありますが、「神様は見てる。だからきっと報われる(報いを受ける)」ってやつも努力論と結びつくことがしばしばですね。

努力に関して言えば、「本気で限界までやれば神様が助けてくれるから、お前のはまだ救うに値しない努力に過ぎない」ってな感じか。信じられないことに、こういうの引き合いに出す人は意外といます。

……これに関しては、何か言う前にまず宗教関係者の方、何かの宗教(特に一神教)を信仰されている方にお詫び申し上げます。今から罰当たりな言葉も出てきます。誠に申し訳ございません。

それでは自分の所感を述べていきますが……「まずお前の言う神様は何者だよ」と。

神様なんてこの世に干渉しているとは思えませんし、仮にバリバリに現世に干渉しているとすれば、善悪や本人の性質を無視して何となく嫌いな奴に天罰を下して回るクレイジーなクソ野郎です

身を粉にして努力しても、それが神様によって救われるなんてさすがに幻想でしょう。

「人の努力を否定できるなら何でもいい」みたいな悪意でこれを言い始めるならまだしも、善意で言っちゃう人もいるから中々どうしてままなりません。

若いころの結果は運と環境ありき!

特に20代での成功に関して思うのですが……特に若い時の成功は本人の努力はもちろん、才能、運、環境、人脈にかなり恵まれてないとまず不可能。これを差し置いて「努力してないから結果が出ないんだ」とふんぞり返るの、ぶっちゃけ論外ですね。

たまーに「30歳までに結果が出ない奴は何をしても無駄ww」みたいなこと言う奴はいますが、お前は自分がどれだけ恵まれてるかわかってないだろと声を大にして言いたいですね。

才能の開花や世間の評価といった「努力が実を結ぶ瞬間」を味わうには、才能を磨く余裕がある環境と自分の才覚を認めてくれる人、そしてそれらを手に入れるだけの強運が不可欠。それらがその辺の人の手中に早くからそろう可能性なんて、どう贔屓目に見ても高いわけがないんですよね。

どれほどの才覚を持っていても、神様に愛されて終始順風満帆な人生でもなければ、何をどうやっても遅咲きになってしまいます。

晩成するまでの苦労の数々に一時心が折れても、何ら不思議ではありません。それを「努力していない」と嘲笑する奴らは、人生の何たるかがわかっていませんね。

努力の9割は報われないもの。「報われないことが少しでもあれば努力不足」とか、そんなもん他人事だから言えることに過ぎないのです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました