趣味がないのが人は魅力がなくてつまらないのは本当?

世の中

世の中の風潮として、「趣味のない人はつまらない上に人間性も劣る」という傾向があるように感じます。

曰く、「無趣味な人は話題性にも人間力にも欠け、成長できないタイプ」とかうんとかかんとか……。

もっとも、趣味が心の広がりの元になると言われればそういった一面もありますが、だからといって「無趣味はいかん!」と周りがとやかく言うものなのか、というのが正直な思いです。

今回は、無趣味が本当に人々に悪影響を及ぼすのか、本当に悪いのか、なぜ悪いとされるのかを考えていこうと思います。

スポンサーリンク

そもそも無趣味な人に迷惑被ってる奴っているの?

偶然周りに迷惑かけてるどうしょうもない奴が無主味だとか、人間性が劣るような輩に何が趣味か尋ねたところ「無い!」と答えられたとか、そういう「結果的に無趣味な奴に困らされた」という事例はあるでしょう。

ですが考えてみてください。「趣味がない」という状況そのものは、他人に悪影響を与えるものなのでしょうか?

「趣味の無い奴悪い奴!」なんて声高に唱える奴らにその辺問い詰めても、「非常識」とか「人間的に幼稚」とか、明らかに無趣味と関係ない特徴を無理矢理結びつけて語るばかりかと。

要するに、無趣味が与える悪影響って、どうやってもこじつけでしか発生しないんですよね。

仮にあったとしても、悪影響を与える奴がたまたま無趣味だったというだけの話であって。

その辺気に病む必要も全く無いですし、悪影響とかどうでもいいので気にしないようにしましょう。

人間、何かにつけて自分より劣ってる人間を作り出したい生き物です。あんなのは理屈も何もない、単なるマウンティングです。

スポンサーリンク

自分で負い目を感じてない?

人に言われる以前に、そもそも自分自身で無趣味に負い目を感じたりもしていませんか?

人間、自分が悪いことをしていると思うと、何も悪くないことでも周りに悪く思われていないか心配するものです。

「無趣味な自分に回りが失望しているのではないか」

「やっぱり趣味の無いことは悪いことなんじゃ……」

「趣味がないのは自分だけ?」

とまあ、こうやっていろいろと気に病んであれこれ考えれば、それだけドツボにはまっていきます。

別に誰も迷惑してないし、仮に趣味がない=つまらないとして、じゃあつまらないから周りにとって害悪なのかというと、そうでもない。

漠然と「なんか印象悪そう」「悪いこと」と思ってしまう前に、何が悪いのか考えてみましょう。無趣味に限らず、特に悪い理由が見つからないことは多いはずですよ。

趣味を極める人も馬鹿にされている

まあ大半が気のせいだとしても、やはり趣味がないことで下に見てくる人もいますね。

しかし考えてみてください。世の中においては、無趣味の人と同等かそれ以上に、趣味にあふれた生活をしている人も散々馬鹿にされています。

そう、所謂オタクというやつです。

オタクがどういう目で見られているかは、もう明白ですね。キモい、オタクというだけで不潔、何のために存在しているかわからないetc……

結局、趣味があっても、それらをとことん極めたところで、無趣味をバカにする奴らが送ってくるのは軽蔑の視線でしかありません。

人間は何かしら自分と違う要素を持った者は理由をつけて見下したくなる生き物です。

そう考えれば、無趣味に対する見下しも狭量な連中の一方的な言いがかりでしかないと言えますね。無趣味そのものが悪という声には、原則対応する必要はないと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました