無能の生き方は単純明快?何をやってもうまくいかない奴はどう生きればいいのか

善悪論

人を無能と馬鹿にする行為は品性が問われますが……そうは言っても、有能無能とは相対的なもの。有能な人がいるところでは、相対的に「無能」と称される人が存在します。

かくいう私も「無能」とされやすいタイプの人間で、いろんなところで足を引っ張ってきましたし、そのたびに嫌われて徹底的に干されたりもしました。

要するに生きる価値の無いゴミというやつですが……そうやって周囲の白い目にさらされていくと、嫌でも見えてくるものがあります。

今回は、そんな中で見つけた「無能はどう生きればいいのか」というある種の境地。ええ、嫌でも見出してしまいました。その境地を、お話ししましょう。

スポンサーリンク

無能は得意で勝負すべし!

今回は注意書きも特にすべき前書きもありません。単刀直入に言いますね。

無能はみんな苦手を捨てて、得意分野をゴリ押して生きろ!!

当然、漠然と苦手から逃げるだけではどうにもならない事も出てきますが……それでも、何事においてもまず「自分の得意分野を活かせるか」を検討してみるのは悪いことではありません。

無能な人は、ぶっちゃけやってることが自分の適性と合ってないんですよ。苦手分野を苦手な方法でやっているからこそ無能と呼ばれ、しかも成長速度も周囲と比べて遅くなってしまうわけです。

我々もみんな人間です。人並みよりできることもあれば、人並みになるためにすら長い時間が必要なこともあります。

1つのゴールと1つの攻略法しか存在しない場所では、その人の総合力や得意分野と関係なく、有能と無能は常に存在し続けます。

結局、指定されたゴールや攻略法が得意とガッチリ噛み合っている人間が有能なのであって、噛み合わない人は基本的に誰であっても無能です。

自分の無能を嘆いている人は、言ってしまえば合ってない事を合ってないやり方で必死にやろうとしてる人。それ以上でも以下でもありません。

合ってない事をしてる奴は英雄でもダメ人間

極論言えば、合ってない事だけをひたすらやってる限り、教科書に載るような偉人であっても使い物にならない無能です。

簡単な話、「織田信長に、一介の店員としての接客業が務まりますか?」って話ですね。

個人的には、さすがに無理だと思いますよ。あの人アスペルガー疑惑が出てるし。

織田信長は大名という立場に立ったからこそ才能を発揮したわけで、生まれ落ちた身分が違えば迷惑なだけのお騒がせ者だったかもしれませんね。

「賽は投げられた」で有名なカエサルとかも、生活力皆無だったのか女遊びで莫大な借金を作ってますし。

架空人物でも、例えばアンパンマンやドラえもんに冷徹さや職務への忠実さが大事な軍人が務まるとは思いません。

ぶっちゃけましょう。極端な無能は大概マルチな活躍が望めない特化型です。能力にムラがありすぎます。

で、英雄クラスの人物もその多くが特化型。どこかしら人として度を越した欠陥を抱えた人が多いです。

この意味、何となくわかりますね?

無論、我々のような奴らがみんな、才能を十分に活かせば教科書に載れるわけではありません。ですが、能力を適切に使ったときの爆発力は大いにあるはずです。

チャンスを得た瞬間に大爆発を起こせるよう、自分の得意と苦手は常に把握し、いつでも“得意”をどう現状にねじ込んで活かしていくか考えておきましょう。

人生は得意を主軸にするのが基本

苦手分野を克服することは、まあ出来ないでもないです。
ですが時間がかかりすぎます。その間に他の人たちはもっと先へ行って、一部から「お前まだそんなところにいるの?(笑)」と馬鹿にされるのが関の山です。

「出来ない事を出来るようになる努力を自分は買う」と善人ぶってる人物もいますが、そういう人も実際に我々が苦手を克服した時にはとっくに見限っているか、あるいは結果に興味を示さないでしょう。

あかつき
あかつき

そもそも、ああいう何の役にも立たない綺麗事を言う人は食わせ物です。腹に一物抱えていることがほとんどでしょうね

「苦手から逃げるな」と説教垂れる奴もダメ。おおよそ思考停止の根性論者か、自分より下がいないと心が壊れる軟弱者でしょう。

人生の攻略法って、結局は「いかに自分の得意な分野を軸に置くか、いかにそれができる環境を作るか」だと思うんですよね。

苦手分野に正面から取り組んで必死こいて乗り越えたところで、満足いくだけの結果はついてきません。時間と労力をかけた分だけ、特に苦手でも無さげな周囲との歩幅に差が出ます。
そうやって課題をクリアするたびに差がつくことで、周囲から「無能」のレッテルを貼られるのです。

人生の主軸はあくまで得意分野であるべきであり、多少強引にでも得意をねじ込む工夫を考えてみましょう。で、方法が思いついたら実行してみましょう。

そのやり方がしっくり来た時、大抵のことは拍子抜けするくらいあっさり片が付きますよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました