綺麗なものしか見なければ目が曇り、汚いものしか見なければ心が濁る

世の中

世の中には、綺麗なことも汚いこともたくさん転がっています。

例えば散々不幸に見舞われ続けてすっかり弱りきった人がいるとして、そんな人を助ける人もいれば、逆に好機とばかりに「自業自得」「お前が原因だ」と責め立てて喜んでるような奴もいます。

そんな中で「弱っている人を助けた人」だけを見たくなるのは心情ですし、自分がつらい時にいつも追い打ちをかける人ばかりならば汚い事例ばかり見てしまうのも無理のない話でしょう。

ですが、そこで頑なに綺麗なものや汚いものしか見なければ、やはり弊害も出てきます。今回は、そんな綺麗なものと汚いものに関する所感を色々話していきましょう。

スポンサーリンク

綺麗なものだけを見ると目が曇る

まず、綺麗なものに関して見ていきましょうか。

綺麗なものを見ると、心が洗われるように穏やかになりますよね。で、そういうものを見ていると、ついつい思ってしまうわけです。「これだけを見ていたい」、と。

しかし、あんまりにも綺麗なものしか見ようとしないのであれば、それはそれで重大な問題も発生します。

ぶっちゃけてしまうと、目が曇って現状を素直に見ることができなくなります

明らかに危ない人を信用してしまったり、目の前の問題を「見たくない!」と完全に無視してしまったり、人の暗い過去を無かったことにしたくて「作り話だ」と全否定することすらあるでしょう。

例えば人間賛美を謳って「困っている人はみんなが助けてくれるんだ」なんて言っていても、現状として世の中には食わせ物が大量にいます。

腹黒く人を救済するフリをして洗脳してくる輩もいて、そいつらは自己都合で無責任に人を振り回し、綺麗な言葉で誘導し、最後に用がなくなればどれほど借りがあっても平気で捨て去ります。

無論、いい人も少なくはないでしょう。本気であなたのことを考えてアドバイスや手助けをしてくれる人はいます。

ですが、「きっとみんなそうに違いない」と無根拠に信じてしまえば、最後に待っているのは天使の顔をした腹黒連中の餌食がいいところでしょう。

六韜という書物の七害(7種類の悪事)の中に、こんなものがあります。

・ことさら質素をよそおって粗末な衣服を身につけ、無為無欲を口にしながら実際は名声や利益を欲しがるのは、食わせ者です。このような人間を近づけてはなりません。

・口先がうまく、たくみに取り入って官職を求め、俸禄のためなら、勇敢で命まで投げ出すこともいとわない。しかし、国家の大事には無関心で、ただ利益を求めて行動し、空虚な意見を偉そうに説きたてる者がいます。このような人間を任用してはなりません。

六韜は所謂古代中国の兵法書、つまり帝王学の類の書物ですが……実際、こういう類の連中ほど耳あたりのいい言葉を選んで囁いてくるものです。

人の上に立つ気がなくても、こういう帝王学的な「ヤバい奴」の特徴は知っておいて損はないでしょう。

耳ざわりのよさは害悪が多い?

耳ざわりがよくて聞きたい言葉ばかりを言う人は、その真意は別として相手に媚びたり取り入ろうとしている意識があることは否定できません。

あなたが目上ならば、おそらく良く評価してもらおうと思っての事でしょう。一方で無関係者ならば、もともとそうやって人と仲良くなろうとする人なのか、あるいは何かしらの利益あってのことでしょう。

まあ、媚びること自体はいいのです。問題は、媚びるという行為の目的が何であるかと、言うとおりにしたらどうなるかです。

例えば少し前にネット上でしばしば見かけた、「嫌な仕事をスパっと辞めて、のびのびと好きに生きよう!」ってやつがそうですね。

私もあのセールスは受けたことがありますが……曰く、

辞めるのは早い方がいい!生活に余裕が無ければそれだけ好きなことに対して必死になって、結果として上手くいく!
とか何とか。で、次に言われたのは、
本当に余裕がなくなったら、この情報商材を買おう!これでお金をかけたぶん元を取り返したくなるよ!
……冷静に考えればわかりますよね。のびのび生きようと訴えかけてるのに、そのための余裕を持たせず、焦りから思考を麻痺させて好きに誘導する。これはそういう手法です。

まあだからといって「仕事はどれだけ嫌でも絶対に辞めないのが正解!」というのもまた極端だと思いますが……ともあれ、優しい言葉で誘導する人の本音の大半がこんな感じ。

耳ざわりのいい言葉で誘導しといて好きなだけ甘い汁を吸い、用済みになればさようなら。

良薬は口に苦しと言いますよね。時として甘い言葉よりも耳が痛い発言のほうが為になることもありますので、自分にとって綺麗なものかどうかだけで安易に判断しない方が、結果として幸せに繋がるでしょう。

汚いものの存在を否定しても現実は変わらない

世の中には我々が想像している以上に慈悲深い人も幸せな環境もありますが、同時に想像なんてつかないほど人間性が欠落した人間や想像を絶する地獄のような環境も、案外身近に転がっているものです

例えばよく聞く話では、親に虐待されて育った人に「虐待なんて存在しない!」「それでも親を敬うべきなのが子供だ!」なんて綺麗なものを押し付けたり、「嫌なら人間社会を捨てて山奥にでも籠ってろ!」と的外れな排除を行ったりというのをよく見かけますね。

大抵こういう意見は結構な支持を得たりしますが……それで「見て見ぬ振りがしたいんだから汚い中で我慢して黙ってろ!」なんてやったところで、実際目の前で虐待が行われている事実は何も変わりません。

見たい見たくないは自由ですが、綺麗なものを見ていたい願望は、時に汚い環境の中で必死にもがいている人を自らの手で殺すことにも繋がります

興味が湧かず助けたくないのなら無視をすればいいだけですが、汚いものも実際に存在する世界のひとつです。視界に入れたくないという思いは正統であっても、汚いものに強引に蓋をして、そこから抜け出そうとしている人が出られないようにするのはさすがに正義とは言い難いですよね。

汚い世界を見たくなくても、「存在しているから仕方ない」くらいには認知するようにしましょう。せっかく抜け出そうとしている人の努力を踏みにじらないであげてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました