甘えを完全に捨てるとか克服するのはぶっちゃけ無理ゲーですよ

世の中

甘えという言葉、一時期は結構流行りましたよね。世間において話題になる「甘え」というと、一般的にマイナスイメージばっかだと思います。

気がつけば「あれも甘え」「これも甘え」と、とにかく「甘え」というものを指す定義が無限に増え続け……今やむしろいう側が叩かれるのではと思われるような時期に差し掛かりました。

ですがね、正直思うのですよ。「甘えを捨てるとかぶっちゃけ無理じゃない?」と。

今回は、そんな甘えを捨てるとか克服するとか、そういう話に対して思うところを言っていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも他人にとっての不都合は全部甘え

まず甘えという言葉に、明確な定義や決まりごとはありません。自分が不都合を感じたり「ずるい」と感じれば、たとえ相手の当然の権利に対しても「甘え」認定が可能です。

正直、これが「甘え」という言葉のマイナスイメージを強め、飽和するまで世間で騒がれ続けた原因なんだと思いますよ。

ほとんどの人は、性格の明るいくらいにかかわらずお調子者な1面がどうしてもあります。定義が定まっていない言葉は、ついつい自分の都合で意味を解釈してしまうのです。

要は虐待を受けた幼児の保護や目が見えない人に対するバリアフリーにすら、「その程度の障害も克服せずに甘えるな!」と一喝すれば反論に対してどうとでも言えてしまう。曖昧な言葉とはそういうものなのです。

結局、自分に都合の悪い他人の利権は、自分がその気になれば全部甘えになってしまうんですよね。

いろんな都合や事情を抱えた人が暮らすのが現代社会。1人が自分の感情も都合もすべて満たそうとすると、その他の大勢が犠牲になる。そういうバランスの中で何とか釣り合いが取れるように成り立っているのです。

そんな世界で不都合や「ズルい」と感じるような出来事が生じるのは当然。その当然に対しても「甘えだ」と一喝する輩もそこそこいるわけですから、そういう要求にすら応じて完全に甘えを断つのはどうやっても不可能です。

逆恨みも嫉妬も見下しも正当化する魔法の言葉

さて、要するに不都合や「ズルい」という感情をまるっと正当化してくれる(ように見える)便利な言葉が「甘え」なわけですが、その程度の汎用性では終わらないのがこの言葉の怖いところ。

実はこの言葉、強者への嫉妬や逆恨みだけでなく、弱者や理解できないものに対する侮蔑や見下しにも使えるのです。

甘えに限らず色々

超極端な例を出すと、「幼少期に虐待されて学校に行けなかったからと言って、大卒でないのは本人の甘えの問題」「うつ病は甘え」「仕事が嫌でノイローゼになるのは甘えた奴だけ」などなど……

筆者が生で聞いたことがある言葉をえりすぐってみましたが、世で言われている甘えとやらはまだまだこんなものではないはずです。

「甘えるな!」などと口にする奴は、その多くが相手を見下して排除しようという意思を持っているからそう言える。「ズルい」にしろ張昭の意を込めてるにしろ、こう言ってしまっても過言ではないのではないでしょうか?

無論、本当に頭を抱えたくなるような人に対してこう評するケースはそれなりにありますが……その多くが私情から来る主観での物言いにすぎません。

余裕が無ければついつい言いたくなる言葉……

「大人たるもの聖人たるべし!」なんて言われても、実際は不可能なことも多いでしょう。

結局ズルする奴が勝つ。人を蹴落とした方が評価は上がりやすい。

そんな世界では、心の余裕もなくなります。たとえ本人にそんな気が無くても、卑怯者が得た利権と同じものを得ようとする人がいれば、正当性の有無を問わずムカついてしまうのが人の心です。

余裕がなくなったり絶望を味わえば、それだけ人の心は闇に染まる。そのせいで、普段冷静で寛容な人ですら「甘えるな!」と理不尽にケチをつけたくなる事もあるかもしれません。

ストレスもある程度までならいいのですが、極度に溜まれば人が変わる。どんな人格者でもどうしようもない悪人に堕ちることすらあるわけです。

そんな大して考えずに吐いた浅慮の言葉を気にして落ち込んでしまうのは、実はその人が望む結末ではないかもしれません。

無論、あなたが落ちぶれて喜ぶ悪党が相手ならその願望に乗ってやる義理も無いわけで……結局、「甘えるな」という言葉の多くは受け流そうと意識するのが正解ですね。

要するに言いたいことは、「甘えるな!」なんて叱責は8割不当!改善を意識するかどうかは状況次第だが、まずその言葉を鵜吞みにするな!ってやつですね。

事情も知らん奴からの甘え認定をもらっても苦しいだけですし、その苦しみは成長の糧としても免罪符としても使い物になりません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました