兵法に曰く、「舐められる人には意外な1つの強みがある」舐められたって気にしないで!

人間関係いろいろ

どうしても人に舐められてしまったり、馬鹿にされてしまったり、事あるごとにネガティブな印象ばかりを語られてしまったり……。生きてると、大概こういう事も多いんですよね。

人ってのは風評や見た目、自分に理解できる範疇でしか他人を評論できないもの。どう生きようが、慕う相手と見下す相手は出てきてしまいます。

ですが、その中でも「大抵の人に下に見られる人」というのが、どうしても存在してるんですよね。

でも安心してください。舐められる事にも利点があります。今回は、その利点に関して見ていきましょう。

スポンサーリンク

舐められる人は、相手を油断させる

人に後れて発し、人に先んじて至る。此迂直の計を知る者なり

これは、かの有名な孫子兵法の言葉ですね。「回り道したり遅れることで油断させて、目先の利益で敵を釣って足止めしたり誘導し、結果として自分が先に目的地にたどり着く」。

これこそが迂直の計ですが……まあ、これだけだと思っちゃいますよね。「これのどこが舐められることと関係あるんだ!」と。

ですが、考えてみてください。舐められてるんですよ。相手は油断しきって、意味もなくこちらの揚げ足を取ったりあえて言葉を悪意的に解釈することで、強引に未熟な愚か者というポジションに当て嵌めようとしています。

世界中のどこに、小指1本だけでも勝てる相手にすら本気を出す人がいるでしょうか?

正直に言いましょう。人を一方的に舐めきっている人は、どう考えても一流とは言えません。「獅子は兎を狩るにも全力を尽くす」とは言いますが、冷静に考えて彼らは獅子ではなく、せいぜい良くて狐かそこらでしょう。

そこを踏まえて迂直の計に話を戻しますが……周囲の人は、あなたを「価値の無い人間だ」と軽んじて油断しています。要するに、半分敵みたいな扱いで馬鹿にはするものの、全力で妨害したり潰しにかかってくる”障害”とは見なしていません。

おまけに、「あなたを差別して見下すことで自分の気持ちはスッキリするが、そのぶん成長の足は止まっている」と言ってもいい状態です。そりゃあ仕事において上司に認められるために一定の成長はしますが、所詮は一定止まり。相手の土俵、すなわちこちらの苦手分野で勝負しない限り、成長幅でこちらが上を取ることも可能です。

「迂直の計を知る者は勝つ」と言いますが、そんな難易度の高い迂直の計の条件を知らぬ間に達成してしまっているのが、人から舐められて軽蔑されてる人なのです。

当然油断をつけば勝てるという言葉は他の兵法書にもあって、例えば六韜には「強くて驕りのある相手はより強くして驕りを大きくすれば勝てる隙ができる」という旨の記述がありますね。

勝利とは敵に勝つことに非ず

そんなわけで、「舐められている人は相手に勝つ土壌を得ている」という話をしましたが、この「勝つ」というのがなかなか曲者でして……

例えば相手を謀略で蹴落とすとかもそうですし、舐めきってる相手の望むままの土俵に立った上で相手を倒すのも、まあ勝利という概念の定義としては最大級ですね。

ですが、何も勝つというのは、相手に勝つことだけではありません。

相手の反応がどうなろうが、自分なりの目標を達成し、自分なりの幸せを手にしたら、もうその時点で勝ったも同然じゃないですか?

散々舐めきって馬鹿にしてくれた因縁の相手を、その相手が望む形の決戦で下して徹底的に叩き潰す。確かに、それはやり遂げるとさぞ気持ちがいいでしょうね。

ただ、問題はその後です。「憎しみは憎しみしか生まない」なんて綺麗事を言う気はありませんが……やっぱその過程を見てる人は見てるんですよね。

それで強い奴勝った奴に靡くような軽い人たちは仲間になってくれますが、連中はもっと強い奴が現れたらそっちに味方するでしょう。

それよりも問題なのは、相手を潰す様子を見て、こちらに対して「ああ、こいつも同じか」と思ってしまう人がいる事。

どうしようもない人ってのは、相手にした時点で勝とうが負けようが不利益を与えてくるものなんですよね。

「相手を打ち負かすことで他の舐められてる人に勇気を与えたい」とか「穢れの無い世の中を……」みたいに遠大な理由が無い限りは、ガン無視が一番です。

幸せになって仲間も増えたあたりで、いけしゃあしゃあとすり寄ってきますよ、そういう相手は。最大限復讐するにしても、そこで過去の事実を突きつけて冷たく突き放すくらいにしときましょう。

そもそも馬鹿にする奴らは大抵弱者

なんというか、人をいじめたり舐めたり見下したりする人って、大抵ヒエラルキーが低い&それを過剰に気にしてしまっている人たちが多いんですよね。

彼らの気持ちを推察するに、「このヒエラルキーは決定事項であり覆されない。ならばせめて、自分より立場の低い奴らをいじめてちっぽけな優越感に浸るしかないじゃないか」みたいなところなのかもしれません。

実際、アパルトヘイトの撤廃に対して最後まで反発してたのは貧困層の白人だったと聞きます。

私個人の人生経験を追っても、私の考えに対して「理解に苦しむ愚か者の発想だ」と馬鹿にして見下すのって、そこそこ以下の学歴な上にこれといった特技もない、ただ上から言われるままに惰性で生きてる人たちでしたね。

「彼らのスペックが低いから性格も悪いのだ」と言いたいわけではありませんよ。

「低スペックな人間である」という世評そのものを一生覆せない最終決定みたいに捉えてしまった結果、そんな自分でも見下せる相手を探さずにはいられないのでしょう。

おおよそ、そういう人は自分にできることができない人や何かしら外見や態度に難点がある人、自分に理解できない思考回路をしている人を、とにかく理由付けて馬鹿にする傾向があります。

低学歴でもその辺気にしない人は、最終的に大物みたいな振る舞いやたたずまいの人が多いですね。

私の以前の職場に中卒で自称「ロクな自分磨きをしてこなかった」人がいましたが、彼なんかは私から見ると素晴らしい人物でしたね。例え理解できないものであっても、必ず自分の中で咀嚼して、あくまで主観として意見を言うような人でした。

結局は本人の気の持ちようという話ですが……弱者であればあるほど余裕がなくなって、そのぶん見下す相手を作ることで安心したいのはある意味普通の人間心理なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました