「いじめられる側にも問題がある」論についていじめられる側に対する本音をぶちまける

世の中

いじめといえば、今も昔も「いじめる奴が悪い」というのが大半の人の見解です。

ですが、今の世の中は様々な価値観のせめぎ合い。

「いじめられる側にも相応に問題があるのではないか」

「弱いからいじめられる」

あるいはさらに飛躍して「いじめは正義!やられる側が100%悪い!」なんてぶっ飛んだ意見もある程度の支持を受けていますね。。

ぶっちゃけ、個人的には「原因や要因こそいじめられる側にあれど、『どっちが悪い』という“非”だけで語ればいじめる側が100%悪い」と思ってしまいます。

……ま、それを説いたところで、結局どちらもヒートアップしちゃいますよねえ……。

今回は何を言っても聞いてくれない「いじめ正義」な連中なんて無視無視。まだ話が通じ方ないじめられる側、およびその擁護者に対して意見を述べていきましょう。

スポンサーリンク

どっちが悪いかは“どうでもいい”

いじめ問題を責任や善悪の観点から裁くのは、私も大事な事だと思います。

ですが、外野が「誰が悪い」と議論をやっているうちにも、いじめられっ子の精神は現在進行形でダメージを受け続けています。優先順位で言えば裁判よりも、まずは彼らいじめられっ子を地獄から救い出すのが急務でしょう。

その上で語弊がありそうな言い回しをしますが……いじめられる側の環境をどうにかする上で、「いじめる側といじめられる側のどっちが悪いか?」という問題はナンセンス。

悪い奴を特定・断罪したところで、いじめそのものがなくなる保証はありません。

例えば、ご存知の通り万引きは犯罪です。やっちゃいけない事です。

ですが、今目の前で万引きしようとしている人に対して「それは犯罪だぞ!やめるんだ!」と注意したところで、いったい何人がやめるでしょうか?

大抵は「わかってるよ!」とか「うるせえ!!」と、こっちの言葉を無視して結局万引きするでしょうね。

いじめに関しても、これと同じことが言えます。

「悪いことだ!」と指摘しても、馬鹿正直にやめるような人間はまずいません。

それどころか下手に煽ったせいでいじめが悪化する可能性すらあります。

悪人の良心に訴えても意味なんてないし、いじめに対して「それは悪いことなんだ」なんて言い出しても、残念ながら誰もやめません。

特に外部からいじめを止めようとする人は、そのことをよく知っておく必要があるでしょう。

自分で動かなければ状況は変わらない

10:0でいじめる側が悪いと思っていても、実際それが本当の事であっても、結局いじめる側は絶対にやめてくれません。

いじめの動機が娯楽なのか正義気取りのつもりなのかは知ったことではありませんが、それこそ万引き犯が万引きをやめないのと一緒の理屈ですね。

精神的にボロボロにされたうえで「なんで被害者の自分が」と考えてしまう気持ちもわかりますが……ここはそれは置いておきましょう。

嘆いても現状は変わりません。

さしあたって、採れる手段は

  1. 逃げる
  2. 立ち向かう

これだけです。

いじめなんて基本は隠れてコソコソやるものだし、基本的にみんなが一体となって行うもの。
他の人が気づいて止めてくれる可能性は極めて低いでしょう。

仮に「やっちゃいけない事だ」と気づいた人がいても、どうでもいい奴のために自分がボコボコにされるのも嫌なので、無視することは少なくありません。

助けは待っててもやってこない。自分から現状を抜け出す算段を立てるようにすべきです。

周りは「止めたら自分がいじめられる」と考えて動けないでしょうし、下手すりゃ「一緒になっていじめる」なんて選択をする卑劣な奴すら少なくない。

あかつき
あかつき

他の人の自己犠牲なんて期待しても無駄ですよ。みんな自分がかわいいし、そのためによく知らない奴が例え死んでも知ったこっちゃないです。

打てる手があるなら自分で打つしかない

いじめられる側が悪いという意見は論外

もののついでに言及しときますが……「いじめられる側こそが真に責められるべきだ」という意見。
これは論外です。話になりません。

言ってしまえば「万引きは被害を受けた店が全面的に悪いんだから、万引き犯は無罪であるべきだ!」と言ってるようなもんです。

「盗られる側が悪いんだからどんどん盗んで構わない」「盗みは店に窃盗の危険を教えるための義賊行為である」なんて言ってる人がいたら、さすがにヤバい奴ですよね。

「弱い奴がいじめられるんだから、悔しかったら強くなればいい」

「いじめはそいつの欠点に対する警告だ」

私には、これらの言い分は万引きの正当化と同じようなものにしか聞こえません。

いじめっ子を感情的に責める人にも言えますが、「要因」と「非」を一緒くたに語れば解決はできません

もっとも、いじめを正当化してる連中は解決の必要性を感じてないのでしょうがね……。

いじめられる側はまず原因を探そう!

何よりまず、いじめは楽しいからやってます。そこに崇高な理由なんてありはしません。

ですが、いじめのターゲットに選ばれるには何らかの要因が存在するのも事実。

もし逃げることが可能なら、逃げるのもいいでしょう。

しかし逃げの一手を打てない状況であっても、まず原因を知ることでターゲットから外れる算段を立てることができるかもしれません。

例えばいじめのターゲットに選ばれるもっともポピュラーな理由が、「相手からの反撃を受けないから」。

つまらん連中がいじめに対してよく「強くなればいいじゃん(笑)」なんて煽ってますが……実際に打開を狙うなら有効な手段となり得ます。

当然、何が何でも打開しろと言ってるわけではありませんよ。

ただ、原因を知れば選択肢が増えるのは間違いありません。

特に弱いものいじめをされているならば、反撃は有効な手段。

実際にそれをするのか/できるのは別としても、色々な選択肢があることでそれが役に立つ時が来るかもしれません。

「いつか使える手段」をストックしておくという意味でも、原因を知ろうとするのは大事ではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました