自分の生き方

世の中

「自分だけが不幸だ」と思ってしまうと幸せになれない。その理由について

ぶっちゃけ、自分1人がつらいとか自分だけ犠牲になってるとか……これが事実なのか嘘なのかは実は関係ありません。 中には正直同情以外に何もしようがない人も中にはいますが、そうであっても「自分だけつらい」と思うだけで幸せになれる事はありません。 ...
善悪論

成長ばかりに囚われて疲れた……そんな人に向けて

成長……なんて言い方をすれば何だか無条件で良い事のように思えてしまいますが、実際にそればかりに囚われるのはどうなのか? 確かに成長しない人はマズいです。最初に満足できる結果を引き当てられなければ、何度やっても結果は変わらず。そのツケは本人か...
自分の生き方

「自分を変える」「今の自分を捨てる」ことの是非について

自分を変える。今までの自分を捨てる。なんだか、私の周りでは、この言葉ってかなりポジティブでプラスのイメージばかりなんですよね。 なんというか、まるで今の自分や元来の自分がゴミ同然で、どうしても変わる必要があるかのよう。 正直言って、あれって...
スポンサーリンク
自分の生き方

運が悪いのは自分のせい……?自己責任の本質を今こそ考える

「運が悪いのは自分のせい!」「自己責任!」なーんて言葉、最近流行ってますよね。 個人的にはバカバカしいと思ってしまいますが……まああれもあれでひとつの真理でもあるのかもしれません。 正直私個人の意見としては、真っ先に「心身の傷をこれ以上増や...
世の中

どうしようもなく運が悪い時の過ごし方!「じっと耐える」は△です!

あれもうまくいかない、これも失敗、それも全然ダメ……とにかく、何でもかんでも失敗しまくりのダメダメな時期ってのは、正直誰にもあります。 で、逆境を跳ね除けようと躍起になっても、結局足搔けば足搔くだけ無駄。心が折れてしまいますよね。 今回は、...
自分の生き方

人として器を大きくするためのたった1つの方法

いい響きですね。「器が大きい」。やっぱりあこがれちゃう人も多いし、実際こういわれるとなんだか嬉しい。 一方で反対語の「器が小さい」「狭量」といった言葉は、言われるとついついイラっときちゃいますよね。 ともあれ、今回はそんな「器の大きい人」に...
世の中

つらい時苦しい時にこそ「笑顔で明るく振る舞う」ことは無理

うーん、正直に言わせてください。「つらい時こそ笑顔!」「苦しい時こそ明るく楽しく振舞おう!」。私、この言葉が嫌いです。 正直、無理があるんですよね。明るく振舞って問題が解決するわけでもないし、むしろ絶望の淵で明るく振舞う事は危険なような気が...
自分の生き方

何もできない人は生き方を考える前に自分をよーく見直してみよう!

世の中、有能な人もいればどうしても無能な人もいます。 こと無能な側は絶対にと言ってもいいくらい誰からも認められず、環境次第では存在そのものを否定されながら苦しい人生を余儀なくされる事もあるかと。 そんな中で、ふと思ってしまう事もあると思うん...
世の中

人生に正解なんて無い。何が正しいのかわからなくなった時こそ一休み!

人付き合いや人生そのものに疲れた時、これまで信じて従っていた人やルールに裏切られた時、自分の信念を貫けず迎合を余儀なくされた時……案外、人はあっさりと正しさを見失います。 それもそのはず。ある程度出し尽くされた答えになりますが……人生に正解...
世の中

「足るを知る者は富む」を諦めの意味で使うのは正しいのか?個人的な疑問!

老子の一節に「足るを知る者は富む」という言葉があります。現代でも、ちょっとインテリっぽい人たちが使っている言葉の1つかも知れませんね。 意味合いとしては、「満足を知っているものは幸せになる」と。ふむ、確かにその通りですね。 ですが、所かまわ...