つらくてしんどくて自殺を本気で考えるくらい死にたい人に言いたいこと

与太話

タイトルから物騒ですみません。今回はこんな話です。

ただ、「死にたい」「つらい」「もう生きていたくない」という方がいらっしゃったら……ここでこうして見てくださってるのも何かの縁です。よくわからん変な奴の与太話、ちょっと見ていってはいただけませんか?

「生きたくないけど死にたくもない」って人にも、まあ少しは役に立つでしょう。何かの助けになれたなら、こちらも嬉しいです。

スポンサーリンク

「死にたい」気持ちを否定する気はない

何の気休めにもなりませんが、とりあえずきれいな空の画像でも貼っときます。

さて、ズベコベと口上を垂れても仕方がありません。まずはコチラのスタンスを明確にしておきましょうか。

ぶっちゃけると、別に「死にたい」という気持ちを否定する気もありませんし、「自殺はいけない事なんだ!」なんて綺麗事を壊れたラジオのように垂れ流す気もありません。

結局どうするも自由。もしこの先生きたいと思えば生きればいいし、どうしても死にたいならそれを止める手段も権利もない。

つまり止める気も無ければ、無理矢理前を向かせるつもりもない。「人間失格だ!」と言われたらそうかもしれませんが、上から目線で「死ぬのはダメなんだ!」と高説垂れる気にもならないんだからしょうがないです。

とにかく、死にたいというなら止めませんし、これから私が言う事も嫌というなら聞く必要はないです。ただ、「選択肢の一つとしてはアリかもしれない」くらいに思っといていただければいいですね。

どうせ死ぬなら開き直ってから死んでほしい

「死にたい」とか「生きたくない」とかいろいろ考えるくらいです。これまで色々なことがあったのでしょう。

私は、そういう辛い思いをしてきた人を無視して上から目線で「死ぬな」とも「勝手に死ね」ともどちらとも言えません。

ただまあ、言いたいことはどうしてもある。

どうせ死ぬんです。いいこともそれなりにあってそれなり以上の幸せを得ている人を尻目に、自分だけ地獄の中で死ぬわけです。

なら、せめて死ぬ直前くらい少しはハッピーな気持ちにならなきゃ不公平ってものです。

同じ死ぬでも、地獄の中で苦しみながら、周囲からの責め苦に耐えながら、自分ひとりがいろんな苦しみや悲しみを背負って死ぬのは、なんか違うんじゃないでしょうか?

どうせ死ぬなら、泣いて死ぬより笑って死ぬ。そこまで苦しみ抜いて死ぬ瞬間まで苦しみ続けなければならないというのなら、それはどうにも筋が通りません。

どうせ死ぬなら、死ぬ前に開き直りましょう。楽しいことが思い浮かばないにしても、せめてしがらみとか義務とか、そういう重荷をきれいさっぱりおろしてから死ぬことを考えましょう。

いいじゃないですか。どうせ死ぬんです。他人が困るとか困らないとか、いいことだとか悪いことだとか、そういうのは一切合切どうでもいいです。

どうにもならないなら投げ出すのもアリですよね

「みんな我慢してる」「人生は苦行なんだから耐えろ」。そんな言葉無意味です。無意味も無意味。今にも死にそうになってる人に対して「迷惑かけずに他のところで死ね」とか言っちゃう奴もナンセンスです。

人生、死んだらそこで終了です。その後は何も残らない。ただあなたがいないなりの世界が構成され、勝手に進んでいくだけです。

そういわれると、ちょっと虚しくなっちゃいますかね?

でもまあ、思い詰めてる人に対する言葉としてはこれくらいがちょうどいいと思いますよ。「居ても居なくても相応の世界になる。その程度の奴が好き勝手したところで、世界視点ではどうでもいい」

あなたが何かを投げ出しても、それが大事な事なら他の誰かがやってくれるでしょう。それなら、いっそ投げ出してもいいんじゃないですかね?

どれもこれも、元来は潰れてしまう前に誰かが肩代わりするものです。それが為されないせいで潰れてしまったわけですから、じゃあ潰れてもなお持ち続ける理由って無いですよね?

義務も、しがらみも、人からの評価も、与えられた役割も、それらがあなたの人生を死ぬしか考えられないレベルでクソにするならもう全部クソです。捨てましょう。で、好きなことをしましょう。

大丈夫です。いなくなったらそれなりの形で世界が回るだけ。今は肩の力を抜きましょう。

嫌なものを軒並み捨てまくるだけでも、気持ちはずいぶん落ち着くはずですよ。

どうせ死ぬなら後悔を残すな!

後悔と未練を残して、「あれをやっておけばよかった」と思いながら死ぬ。これに勝るほど勿体ないこともありません。

どうせ死ぬんです。その前にやりたいことをやらない手はありません。

当然、資金面や気力面で無理なことは出てくるでしょう。ですが、手を伸ばせば届くことすら「どうでもいい」と捨てるのは、もう実に勿体ない。

どうしても今やる気が起きないなら、しばらくぐっすり寝て休みましょう。動く元気があっても気力が湧かないなら、リハビリに散歩でもしましょう。

そうやってちょっとずつ体力と気力を取り戻していって、やれると思ったときに手を伸ばせばいいのです。

とにかく、やりたいこともやらずにタダで死ぬのはさすがにもったいないです。

不幸を不幸で、不公平を不公平で終わらせる義理なんてどこにもありません。死ぬのはここの自由ですが、やりたいようにやって「今だけは幸せ」くらい思ってからじゃないと、暗い気持ちのまま死なれるとこっちもキツいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました