性格クズな自分を変える前に、まずやるべきことが3つある

世の中

人間というのは群れで生きるわけですから、やっぱり色々と「人から見てどんな人間なんだろう」とか「嫌な奴と思われてないかな?」とか、ついついどうしようもないことを気にしてしまうのはあるあるだと思います。

私も手相占いをやっている身ですが、やはり「性格の悪さをどうにかしたい」という相談があるのはもちろん、相談まで行かなくとも性格の悪さを自覚している人も少なくはないように感じます。

確かに「自分の性格を直したい」と自制する姿勢は非常に立派なものですが……個人的には、性格を直す前にひとつ、どうしても知っておいてほしいことがあります。

今回は、そんな知っておいてほしい事の話。個人的には、「ダメな性格を直す」という観点において1番大事なことだと感じてます。

スポンサーリンク

そもそも「性格が悪い」とは何なのか?

「自分の性格がクズだから直したい」と思う人は、往々にして自分の数ある特徴の1点だけを挙げて「このせいで自分がダメ人間なんだ」と思ってしまっている点が否めません。

しかもその理由の大半が、人にそう言われたからなんですよね。

ですが、よく考えてみてください。性格が悪いって、いったい何なんでしょう?

例えば自己中心的な悪党からすれば、いいことをしている人は全員いい顔をしたいだけの偽善者、調和を望む性格だって、自己主張が求められる場では自分を隠してる信用ならない奴です。

合理主義者は時として感情的な人にとっては血も涙もない冷血漢になりますし、場合によっては「価値観が合わない」「考え方が違う」、それこそ「単に顔つきが気に食わない」という理由でさえ、相手の性格の悪さを正当化する理由になってしまうことがあります。

結局何が言いたいかというと、性格の悪さって評価する人や場面によって全然違うんですよね。

結局、その人や場によって求められる能力も性格も違うわけで、ある集団では「で?」で終わってた長所や「短所でしかない」と酷評された特徴が、別の場所では大絶賛される……なんてのは結構よくある話です。

かくいう私も、「万能の天才」や「聖人」と絶賛されたことがある一方、「人格も能力もすべてが絶望的に欠落した全人類の恥」として暗に死ぬことを勧められた事もあります。

このように、場所を間違えるとどんな人でもクズになったり人格者と言われるのが社会です。その点を考慮に入れたうえで、「性格が悪いとは何なのか」をまずは考えてみましょう。

人は自分の都合で善悪を決める生き物

集団の中で生きてる以上、やはり都合の悪いことなどいくらでも出てきます。

で、その「都合の悪い事」を運んでくるのはいつも他人。それも自分と都合や価値観が合わない、ある意味敵対関係にある相手です。

人はどうしても感情で生きてるわけで……どれだけ相手に正当性があろうと、自分の利益確保の邪魔になる相手を好きになるのはほぼ不可能。そこで「相手嫌いな自分」を正当化するための方便として「あいつは性格が悪いクズだ」と決めつけてしまうのも、ある意味人間らしい感情なのではないでしょうか。

利益と言っても、金や権力だけではありません。例えば「効率性や本音をぶつけることよりもみんなと仲良くやっていきたい」とか「何事もさっさと決めてさっさと動きたい」とか、そういう個人的な理想も含まれます。

要するに、「思い通りに生きる上で邪魔になりそうな奴は、どんな理由や正当性があってもクズ扱いされる」というわけですね。正直、多くの人が言ってるクズとは、大抵がこれのような気がします。

自分の嫌いな部分を客観視して

というわけで、まず「自分がクズだ」と思ったときにやってほしいことは、「自分自身の客観視」です。

「自分を客観的俯瞰的に見ろ」というのは増長しまくってる相手に言われる言葉ですが、逆に人から言われたことを気にして傷ついている人にも効果があります。

人ってのは、おそらく自分たちで考えてる以上に都合がよくて物を考えないものです。自分の客観的な立ち位置や物事の善悪なんて考えずに人をクズ呼ばわりして、後々その発言の正当化に奔走する羽目になる……なんてのは、現実でもネットでもよく見かけます。

というわけで、人から非難されたときは、まずは冷静に立ち返ってから「なぜクズと呼ばれたのか」「本当にクズと呼べる短所を指摘されたのか」を客観視して考えるように意識してみましょう。

できるかどうかではなく、「やってみよう」と思うだけでも、少しは気持ちが落ち着きますよ。

やることその1
・まずは自分を客観視!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました