夢を叶えるのに期限っているの?夢を否定する連中はあなたのためを思ってませんよ

自分の生き方

よくいますよね。「夢を追うのは30歳までにしろ!」とか、「いい大人が夢を追うのは現実的観点が欠落した馬鹿な行いだ」とか言い始める人。

ぶっちゃけて言うと、死ぬほど嫌いです、そういう人。

っても、単に「嫌い」で終わらせたところで何のためにならない。今回はそういう連中がなぜ嫌いなのかも含め、夢と期限について色々考えてみましょう。

スポンサーリンク

期限内に理想通りになるのは神童の特権!

私個人の意見を吐露するなら、期限だの年齢なんてものは一切の価値がありません。若いうちの特権だとか声高に言い出す奴は、それこそ運と環境と天賦の才に恵まれた早熟の神童以外に成功してほしくないと言ってるようなものです。

我々の多くは天才ではありません。ましてやこんな記事を読んでいる手前、失礼ながら環境に恵まれてる側の方ではいらっしゃらないはずです。

正直言いますが、夢でも何でも時間なんてかかって当然。

凡人が夢を叶えるのに必要なのは、いつまでも結果を待つ根気とトライ&エラーで得た知恵、そして継続してやれるだけの熱意です。どうやっても30歳までに叶えるとか不可能じゃないですか。社会に出てわずか10年前後で試せることの数なんて、それこそたかが知れてます。

間違っても30歳までに成功を夢見ちゃダメですよ。あんなもん、よほどの才能を持つ人間が神様によっぽど好かれるとか、何千何万人に1人の幸福を持つ、それこそ選ばれた人間だけです。

期限を設けるほうがいいものなんて、夢ではなく「この勉強を始める」「この資格を取得する」といった、夢のための小目標くらいです。

いい歳こいて夢見る時は経験が武器になる?

まあ30代前半くらいまではまだまだ経験が生きるというのは実感できないでしょう。しかし、もういい加減いい歳を食ってくると、大体のことが見えてくる人も多いでしょう

「いい歳こいて何やってんだ」って人もいるでしょうが、むしろ多くの人が成功を手にするのはいい歳こいてからです。

人間たるもの、失敗に失敗を重ねることで「これじゃダメなんだな」と学習します。

夢を追って失敗、真っ当に生きようとして失敗などなど、いい歳になればいい加減失敗経験も数多くなってくるわけで、「これをやっちゃマズいな」という境界線もぼんやり見えてきます。

結局凡人が夢を叶えるために必要なのは、そういった経験と根気で培った知識なんですよね。

30にして立つ。40にして不惑。50にして天命を知る。

論語より

何かをやるならそれに則した経験を詰める分、早いに越したことはないでしょう。しかし、遅すぎたからと言って悲観することもありません。

色々なものを見て感じた経験、フルに使ってやるだけのことをやってみましょう。同党の行動力さえ確保できれば、そこいらの若造よりも成功率は上がってるはずですよ。

夢と現実どっちを取る?

で、なんでみんな夢を追うのに期限を設けた方がいいみたいな顔をするのかというと……言ってしまえば「じゃあ生活はどうする?」って話がほとんどなんですよね。

彼らからすれば、「夢を追うのと実生活を大事にするのとどっちを選ぶか」という二者択一です。どちらかを選ぶと、どちらかを捨てなければなりません。

ですが、あえて言いましょう。両方取っちゃダメなんですか?

確かに、仕事をする傍らで副業として夢を追うのはなかなか困難が多いでしょう。ですが、決してやれないというわけではないはずです。

それこそどうしようもなくてブラック企業くらいしか就職先がないなら二者択一を覚悟する必要はありますが……そうでもないなら別に同時に選んでも構わないはずですよね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました