賢くなるための読書で「ただ読むだけ」では100冊読破しても意味ないという話

読書が楽しいから本を読んでるって人は、まあ今回の趣旨とは明らかに違うので例外。

ですが、「頭が良くなるために本を読んでいる」という人には、ぜひ知っていただきたい。

ただ読むだけでは、意味ないですよ。

今回は、そんな話を色々とさせていただきましょう。

スポンサーリンク

「月間〇〇冊読んだ」だけでは賢くならない

「読書なんて無意味だ」と思った方なら、1度は耳にされたことがあるかと思います。

「何冊読んだとか、そういうのは意味が無い」という言葉。

私もこの言葉にはほぼ同意ですね。言っては何ですが、武勇伝や自慢の1つにしかなりません。

ただ楽しいから読書するというのであれば、まあ何冊読もうが無関係でしょう。ですが「頭のいい人になりたい」「知識を得て何かやってみたい」という野心があっての読書ならば、ただ読むだけでは不十分。

残念ながら、月間100冊の本をただ読破するのと1冊しか読まない代わりにとことんその知識をものにしたのでは、ほぼ間違いなく後者の方が賢くなります。

肝心なのは、本を読んで得た知識を自分のものにすることです。「何のために本を読むのか」という目的を忘れないようにしましょう。

そのまま食せる夢の知識は存在しないと心得るべし!

非常に残念なお話ですが……詳しいノウハウは書かれた書籍でもない限り、知識がそのまま書かれている通りの形で機能することはありません。

本に書かれている内容を本当に自分のものにしたいのならば、どこかでアレンジや内容への自分なりの注釈・寸評が必要になってきます。

例えば経営者は孫子などを好んで読むことも少なくありませんが……孫子なんて言ってしまえば兵法書。戦略や戦争のための知識書です。

私も何度か読んでいますが……「この地形の戦場ではこう戦え」とか「スパイの使い方はこうだ」とか、現在ではそのまま使う機会が無い知識が目白押しです。

正直に言いましょう。知識に自己流を加えられないなら、8割は読む価値が無いです。そのままでは使い物になりません。

まあさすがに孫子は極端な例だと思いますが……別の本でもおおよそ似たような感じでしょう。そのまま使えない知識が大半のはずです。

知識は食材、それも肉やうなぎみたいな、まず加熱しなければ食べられないタイプの食材と一緒です。

知識も得てそのままにしておくのではなく、自分なりに解釈して自分好みに調理し、自己流で構わないのでちゃんと噛み砕いて理解しましょう。

スポンサーリンク

斜め読みはやりすぎ注意!

手っ取り早く読書をするために進められてる方法が、斜め読みというもの。

言ってしまえば、「目次や見出し、前書きやあとがきだけをまず読んで、中身を飛ばしながらキーワード等で本の主張を理解する手法」なのだそうな。

これをすれば、手っ取り早く「本を読んだ」という実績を得ることができます。何と言っても、全体の1割も読まずに読破できますからね。

実際、やればそれだけで得られるものも無いとは言えないでしょう。

ですが、あくまでやりすぎ注意です。

確かに論文だったり何かしら著者の主張がある本ならば意味はあるでしょう。それに、結局読まず本棚の肥やしになるよりは、雑でもいいから読んだ方がいいのも道理。

ですが、当然斜め読みが通用しない書籍も数多くあります特に知識書や古文のような難しい本、初めて触れる分野の本なんかでこれをやってしまうと、理解できない部分も多く出てきてしまいます。

積読対策としては非常に有用な手段ですが、万能ではない事は頭に入れておきましょう。

細かい部分まで読み取ろうとするのも厳しい

さっさと読み終わってしまうのも場合によってはダメですが、1字1句全部を記憶するつもりで読むのも、それはそれで結構な苦行ですね。

「せっかくお金を出したんだから、細部まで全部読み通したい」という気持ちは共感できますが、あくまでもともとの目的を忘れないでください。

読書しようと思った動機は、おそらく「貯めになる知識を得る」こと。是が非でも元を取ることではないはずです。

知識は必ずしも役に立つものでは無ければ、どうしても人との相性もあります。どうにも合わないと思った本を最後まで読もうとするのはなかなかに苦痛を伴います。

読書とは、無理にでも本を読破することではありません。

「この本無理だ」と思えば逃げればいいし、「だいたいわかった」と思えば飛ばしてもいいでしょう。

いつかまた気になることがあればその時にまた同じ本を読めばいいわけですし、「わかった」といいつつ実はわかっていなければ、それが発覚した時に読み直せばいいだけです。

そもそも、本の内容を全て丸暗記するのは、それはそれで非効率というもの。あくまで覚えるべきは概略、つまり「結局何が言いたいのか」です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました