「百戦百勝は善の善なる者に非ず」!人生、競争ばかりでは疲れるだけですよ

世の中

資本主義社会の中では、競争し、勝つことが常に求められています。というか、勝負して勝った側が負けた側を好きにするのは、古来からの動物の性なのかもしれませんね。

正直、否定はしませんよ。競争によって生み出されたものも確かに多いですし、より有能な者=勝てる者が主体的に世の中を作っていくのも理屈としては納得します。

ですがだからといって、なりふり構わず何でもかんでも競争を吹っ掛けて勝っていくような人生の果てに、本当に幸せなんて漠然としたものがあるんでしょうか?

競争して勝つのも確かに大事なんでしょうが、「そもそも戦う以前に大前提となる部分があるんじゃなかろうか?」とも思ってしまいます。

スポンサーリンク

百戦百勝は……ほぼ死にそうな人

「他の人とは戦って勝つことが一番大事!」と、昨今ならそう声高に叫ぶ人がいても驚きませんね。それくらい競争は、今現在の社会では当たり前のものになっています。

ですが、競争が全力で肯定される裏で、戦い続けることに疲れ果ててる人も少なくありません。

競争に犠牲がついて回るのは、自然の摂理といえばそう。ですが、だからといって「勝てれば何でもいい」というわけでもありませんね。

戦えば、当然ですが傷つきますし疲れます。敗者だけでなく、勝者も少なくとも傷くらいは負うし、いくら勝とうが戦うだけでもエネルギーを消費します。

タダじゃないんですよね、勝つことって。

競争とは消耗戦です。24時間戦える人はそう多くはありませんし、世の中のすべてに対して根を詰めて戦い続けても、どこかで体力がゼロになって体を壊します。

我々は勝てば体力が全回復するような都合のいい体ではありませんし、戦うだけでなく休むことも必要不可欠です。

というわけで、個人的には「何でもかんでもとにかく戦え!戦え!」みたいな価値観には賛同しかねますね。とりあえず戦うばかりでは敵も増えますし、自分のリソースも削れていきます。

あかつき
あかつき

まあ、「フハハハハ!戦いこそ我が喜び!」って人がいるなら止めはしませんし、否定もしません。

ただ、世の中そういう人ばかりではありませんよね

「競争が義務」って奴はヤバい戦闘狂

煽るみたいな見出しで失礼。

ただ、「寝る間も惜しんで戦うことが義務なんだ!我らは戦士なんだ!」「とにかく戦って勝つだけが人生だ」って人がいますよね。正直、賛同できない。

それこそ先ほども言いましたが、どこでも競争。何でも比べてナンバーワンしか見ない。こういうナンニデモ=競争理論ともいうべき思想は、周囲を荒廃させて自分まで疲れさせる考え方です。

「競争して勝たなければ、その分野での利権は取得できない」。ええ、おっしゃる通りです。実際、競争主義社会ではそれが普通です。私がこのことを嫌おうが、事実は事実です。

ですが、あくまで「競争しない分野では利権も自分の分け前も手に入らない」“だけ”なんですよね。

つまり、勝たなきゃ自分が得をしないだけ。仕事の一環としてならともかく、肩書を抜いた素の自分が、周囲と無理して戦わなければならない理由がないんですよね。

特定分野での利権がほしいならその分野でだけ戦うべきであって、目的もなく特に勝っても得しない分野で戦うのを「当然」とするのは、ちょっと無理があるんじゃないでしょうか?

とにかく勝つことだけが目標になれば、なりふり構わず四方八方に喧嘩を売ることになります。

例えば物作りの技術を極めたい人が、見た目やモテる話し方でリア充と勝負することに意味があるのか?

漠然と「楽してお金を稼ぎたい」と思っているだけの人が、そのための努力と痛みに耐えられるのか?

人生は競争よりも取捨選択です。必要ない競争を切り捨てることも、自分の人生をよくしていくために大事です。

多くの人にとって、人生の目標は勝つことではなくより幸せになる事です。

戦って勝つのではなく、まず戦うことが必要なのかどうかを考えて見てもいいかもしれませんね。

あかつき
あかつき

まあ弱者の利権だけを握って、あとは競争せずゆっくりこぢんまり生きるのも、それはそれでいいですけどね。

夜もぐっすり寝れますし、余計な恨みも買いません

競争するなら目的を明確に持つべし!

とはいえ、私は戦うことそのものは否定しません。まあ戦わない事も否定しませんが。

ともあれ、競争はただでさえ消耗が大きく、戦闘狂でも戦い続ければいつかは疲れ果ててしまうものです。自分も相手も周りも疲れて、長期的に見ればロスも大きいです。

だからこそ、何を目的として誰と何の分野で戦うのかはしっかりと見極めなければなりません。

競争とは手段のひとつであって、間違っても「何かが変わるだろうしとにかく勝利」という雑な目標のためにやるものではありません。明確な目標あってのものでなければ、無駄に人を傷つける事にもなり得ます。

よくわかんないけどとりあえず争う。目的は無いけど勝てそうだから戦う。これでは自分も力を無駄に使いますし、相手の恨みも買うことになるでしょう。

戦って勝つだけが、必ずしも人生の最適解ではありません。むしろ、余計な争いを起こさない方が結果的に楽に結果を出せます。

もし誰かと争う場合には、もう一度自分の目的と照らし合わせ、「本当に目的のために戦うべきなのか」「どこまで戦うのが一番ダメージが少ないか」を考えてみましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました