身勝手人生論

善悪論

成長するのは良い事なのか……成長ばかりに囚われるのも正直しんどい

成長……なんて言い方をすれば何だか無条件で良い事のように思えてしまいますが、実際にそればかりに囚われるのはどうなのか? 確かに成長しない人はマズいです。一発で満足できる結果を引き当てられなければ、何度やっても結果は変わらず。そのツケ...
自分の生き方

自分を変えるとか今の自分を捨てるって安易にするものじゃないよという話

自分を変える。今までの自分を捨てる。なんだか、私の周りでは、この言葉ってかなりポジティブでプラスのイメージばかりなんですよね。 なんというか、まるで今の自分や元来の自分がゴミ同然で、どうしても変わる必要があるかのよう。 正直言...
自分の生き方

運が悪いのは自分のせいだとか馬鹿な話だが、「どうするか」を軸に考えると間違ってもない

「運が悪いのは自分のせい!」なーんて言葉、最近流行ってますよね。 個人的にはバカバカしいと思ってしまいますが……まああれもあれでひとつの真理でもあるのかもしれません。 正直私個人の意見としては、真っ先に「心身の傷をこれ以上増や...
スポンサーリンク
世の中

どうしようもなく運が悪い時の過ごし方!「じっと耐える」は△です!

あれもうまくいかない、これも失敗、それも全然ダメ……とにかく、何でもかんでも失敗しまくりのダメダメな時期ってのは、正直誰にもあります。 で、逆境を跳ね除けようと躍起になっても、結局足搔けば足搔くだけ無駄。心が折れてしまいますよね。 ...
世の中

被害者面する攻撃的な人の対処法は、ただ無視しとけばいいわけではない

正直……ね。暴言を浴びせられてるだけなら、放っといていいと思うんです。なんせ自分が悪者になる可能性なんてほとんどありませんからね。 ですが世の中には「相手をしてはいけないのに、それでも反応しとかなきゃマズい」なんて厄介なケー...
世の中

被害者に落ち度が無くても同情されるべき存在でも自分で動かなければならないたった1つの理由

いじめ、近隣トラブル、嫌がらせ、果ては犯罪行為など……世の中のトラブルの多くは加害者と被害者が存在します。 当然、被害者と加害者では、常にどちらかと言うと加害者が悪いのが道理。 ですが、そうであっても、結局法的な強制力...
自分の生き方

人として器を大きくするためのたった1つの注意点

いい響きですね。「器が大きい」。やっぱりあこがれちゃう人も多いし、実際こういわれるとなんだか嬉しい。 一方で反対語の「器が小さい」「狭量」といった言葉は、言われるとついついイラっときちゃいますよね。 ともあれ、今回はそ...
世の中

つらい時、苦しい時にこそ「笑顔で明るく振る舞う」のは基本無理じゃないか?

うーん、正直に言わせてください。「つらい時こそ笑顔!」「苦しい時こそ明るく楽しく振舞おう!」。私、この言葉が嫌いです。 正直、無理があるんですよね。明るく振舞って問題が解決するわけでもないし、むしろ絶望の淵で明るく振舞う事は...
人間関係いろいろ

人生ドン底でしんどい時にかけられて嬉しい言葉、かけちゃダメな言葉

人生山あり谷あり。調子の悪い時だってあるし、人によっては絶望の果てまで突き飛ばされる事だってあるでしょう。 で、絶望の果てでどうにか立ち直るには本人の休息や心の持ちようはもちろん、何より周囲の支援と理解が必要なわけですが……...
与太話

「あなたのためを思って」なんて気持ち悪いエゴ満載のワードを信頼する必要はない

「あなたのために」。正直、この言葉に関しては個人的には半信半疑です。 というのも、人はやっぱりエゴの生き物。どうしても心のどこかで人を意のままに動かしたいと思ってしまいますし、他ならぬ自分の損得も考慮したアドバイスを人にして...
タイトルとURLをコピーしました