「好きなことで生きていく」のに囚われると大概無理

自分の生き方

「好きなことで生きていく」なんて。ちょっと前に結構流行った言葉ですよね。

この言葉に勇気づけられ、夢を追い、すべてを捨て、そして夢破れて「好きなこと」という言葉そのものを信じられず夢追い人を嫌いになる……そんな末路を辿った人も多いかと思われます。

実際、「好きなことで生きる」って難しいんですよね。かくいう私もまだまだ道半ば……というか、満足いく仕組みなど死ぬまで完成しないのでしょう。

さて、話が逸れましたが……私は「好きなことをやって生きていく」というのは自分の目標である反面、それだけで生きていくのはかなり難しいように感じています。

今回は、そういう話。

スポンサーリンク

好きなことをお金に変える大変さ

まず初めにぶっちゃけます。好きなこと”だけ”で生きていくのって、実際かなり無理な話です。

というのも、好きなことを仕事にするにはまずそれをお金に変える力が必要。ここが大変なんです。

好きなことをお金に変換していくには、ある程度手順を踏む必要があります。そして、その手順がまた大変なんですよね。

ただ好きだからやる。好きなことを好きなようにやるだけでお金になる。

それができる人ならいいですが……実際は地道な下積みややりたくない工程が嫌でもちょくちょく入ってきます。

好きを仕事にすることはできますが、好きな作業だけをやって生きていくのは、実際に自分の才能や時代の流れがガッチリ噛み合わなければ不可能と言っていいでしょう。

ユーチューバーの実情

例えば「好きなこと」筆頭格であるユーチューバーを例に見ていきましょう。

彼らの大半はいつも楽しそうにゲームをやって騒ぎ立てて、それを動画にして配信するだけでお金を稼いで生きている。実にいい御身分ですね。

ですが、考えてみてください。実際に好きなゲームをただやるだけでお金になるのか?ただ無計画の考え無しに遊んでるだけの動画に需要があるのか?

私は実際に動画をアップロードしているわけではありませんが、YouTubeで食べていくための大まかな手順を調べたことはあります。

ゲーム実況に的を絞りますが、そもそもゲームやってる姿を人に好意的に観てもらわなきゃお金になりません。誰も知らないその辺の人が自分の好みや感想を思いつく限りボソボソ喋りながら無名のゲームをやっても、誰も関心を示してくれないのが実情です。

プレイするゲームから喋り方、喋る内容……どれも好き勝手やってるだけでは、よほどの天才で運にも恵まれない限り上手くいきません。

注目されそうなゲームを選び、聞き取りやすい声や楽しそうなテンションで、わかりやすさや面白さを追求しながらしゃべって遊ぶ。ゲーム動画を撮影するにも、求められるのはこんなスキルです。

そして、それが終われば今度は動画編集。数時間のプレイを十数分の上澄みだけ拾い上げ、字幕や効果音、果てはアニメーションやちょっとした茶番のような音声素材なんかも使って、いかにもそれっぽく仕上げなければなりません

当然、編集に手を抜くわけにはいきません。編集ひとつで大抵の動画は面白くなると言われていますが、当然編集が雑ならどれだけ面白い動画でも観たいと思えるものにはなりません。

さらには、観てもらうための広報も欠かせません。昨今では動画クリエーターなんて星の数ほどいるわけで……その中から名前を覚えてもらうには、やはり自分から大勢の人に売り込んでいくしか方法はありません。

SNS、掲示板、街角宣伝と、使える手段は何でも使い、とにかく少しでも注目を浴びるように工夫しなければなりません。

要するに、ユーチューバーはただ好きなゲームを毎日のように遊んで適当にアップしているわけではない。自分の手でいろいろやるのが前提条件になります。

数時間ゲームをプレイし、ただくっちゃべるだけでなく視聴者受けや自分のキャラ付けを考慮に入れたトークを行ったうえで、さらにそれを綺麗に楽しくまとめなければならないわけですね。

言ってしまえば、彼らはアイドルが自分たちをプロデュースするしマネージャーやディレクターも全部1人で兼任しているようなものです。

撮影→編集→広報と、ただゲームしたり好き勝手遊びまわるだけでも最低3人分の仕事をこなさなければなりません。しかも自営業だから確定申告もあるしで、やることばっかですね。

この流れはユーチューバーに限った話ですが、他のことでも大体アホほど長い道を一人で歩んでいかなければなりません。

「好きなことで生きる」というのは、人から見える部分の何十倍という地道な作業を重ね、長い時間をドブに捨ててようやく実現するものなのですね。

仕事ひとつにしても、それに関係するすべてが好きじゃないと必ずどこかで嫌なことやしんどいことが入り込んできてしまいます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました