善人を気持ち悪いと感じてしまう心理は偽善者と善人を同一視してるせいでは?

世の中

今回のアイキャッチ画像……このページの一番上の、ニッコリしてる男性の顔をご覧ください。

こんな記事を見ている方の事です。きっと善人面に違和感を覚えてしまうはず。

気持ち悪いですよね?いけ好かないですよね?

正直こう思ってしまうのは善意を信用していない証ですが……正直、今の世の中ならばそれも仕方がない気がします。

今回は、そんな「善を信じない/気味悪がってしまう」という心理の話。

スポンサーリンク

意識してしまうのは善人ではなく偽善者!

「みんな命を大事にすべきだ」「困っている人は助けるのが道理だ」。まあ、一度は聞いたことがある言葉ですよね。

例えば今私が「しんどいから自殺します」と然るべき場所で公然と言えば、誰かしら止める人が出てくるでしょうね。
多分その人は私との面識などなく、こちらがどんな経歴と思いで自殺を決意したかも知ろうともず、ただただ命の尊さと自ら命を絶つことの罪悪をひたすら一方的に語ることでしょう。

まあ、やってる側は気持ちいですよね。「いいことをした!」という達成感に満たされ、スカッとします。

で、あなたはどうですか?おそらく今、「そういうのが嫌いなんだ!!」と強く思った事でしょう。

そう、これは偽善です。私が本当に死にたくてこう言ってるなら、そんな見せかけの言葉なんて無視してさっさと死んでしまうでしょうね。
一方声をかけてる側も同じ。まあ中には「ほっとくと飯がマズくなる!」なんて考えてるマジモンの善人もいるでしょうが、たぶん大半が私の生死に興味なんて無いです。ただ「善行を積んだ」という実績と実感が欲しいだけと言って、まあ間違いではないですね。

私はそんなものを「偽善だ!」と批判することに対して、反論するだけの言葉が思いつきません。実際相手にとって何の助けにもならない、見せかけの行動にすぎません。

まあだからといって徹底非難はやりすぎにしても、少なくとも褒めるに値する行いではないはずです。

で、ここからが本題。「善行は嫌だけど善人ポジションでいるために善人叩きがしたい」みたいな邪念が無いのにここまでの記述に「うんうん」と頷いている人は、極端な偽善の事例を気にしすぎです。

今回はあからさまな偽善を掲げてみましたが、そんな例ばかり見てすべての善を「偽善!」と決めつけてしまっていませんか?実際にそれで助かっている人を差し置いて、「どうせやましい気持ちがある!」とすべて批判していませんか?

偽善を意識しすぎるあまり、その善で助かっている人の存在を無視あるいは否定しては、人類は善行を果たせません。

人は誰しも「いい人だと思われたい」という願望を少なからず持っているものです。そんな気持ちをわずかでも持っているだけで「邪なものだ!」と過剰に批判していては、善行そのものが廃れてしまいます。

人は神様や超人ではありません。善人にそれだけの完璧を求めてしまえば、人をちょっと助けるだけで偽善の罪を背負ってしまうことになってしまいます。

善と偽善の区別は難しい

ええ、善と偽善は見るだけでは区別がつきづらいです。だからこそ善に対して潔癖な人が出て、「いい人がいれば相対的に自分が悪者になってしまう」なんて考えてる輩がそれに同調し、「善行は自分の偽善のために社会を乱す悪だ」という意味の分からない価値観が浸透していきます。

で、その状況下で偽善者は善行をやめて一緒になって善人を非難し始め、逆風でも人を思いやれる善人はまるで悪人のように非難され、そんな感じにして善が廃れていくわけですが……まあその辺に関してはまた別の話。

本題は、なぜ「善行は偽善者が行う悪の所業だ」なんて極端な雰囲気が生まれてしまうのかというと、言ってしまえば「善と偽善の区別が難しいから」に他なりません。

ぶっちゃけ、善人も偽善者も言葉上の定義はあっても、実際は「見た人がどう感じるか」以外の基準が無いんですよね。どれほど私心の無い善行でも他人の気に障れば偽善です。逆に腹黒い胸の内を秘めていても、世間が称賛すれば立派な善です。

元来これでは耳ざわりのいいことを言った者勝ちになってしまうのですが……実際にありがたいものよりも見てて心地よくなるものをありがたがってしまうのが人間心理。

結局区別のしようがない以上、目先の損得や表面の雰囲気で善と偽善が区別されてしまうのは仕方ない事なのかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました