【手相】太陽線は金運線?成功者によく現れる?真面目に太陽線解説!

手相解説

太陽線は成功の証で、あればお金も名声も思いのまま……なんて、そんな話を聞いたことはありませんか? あの有名な島田〇平さんの手相解説では金運線なんて言われていて、財運線以上にお金に困らない人たちの相だとされています。

実際成功者に多いとかよく取り沙汰されてますし実際その通りなんですが……他の手相と同じく、ある”だけ”ではなかなか効果を発揮してくれないかもしれませんね。

今回はこの太陽線がどういう線で、なぜ金運線と呼ばれているのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

太陽線は人気や名声の証?

太陽線は主に、成功、人気、名声といった分野をつかさどる線です。その力は、主に以下の2種類。

  • ・名声や評価、お金で現状満足できるだけの結果が出ているかどうか
  • ・人気を得たり世間に評価される力があるかどうか

要するに、今後うまくいく可能性とか金持ちになれるポテンシャルに直結するわけですね。

極端な話、上司に評価されて大いに昇進するとか、ひとりでコツコツやってきたことが周りから評価されて懐が潤ってきたとか、すっかり人気者になってお客さんが絶えずうれしい悲鳴が止まらないとか……仮に今そうでなくても、努力次第でそういう人生を迎えられる力を持っている証になります。

そりゃあ、太陽線が成功者の線とかいわれるわけですね。実際、そういう人に出てくる線なのですから。

もっとも、これも現状や実際の立ち位置と必ずしも結び付くわけではなく……自分が今の結果に満足しているとか、後々満足できる場所に行けそうな人とかに出てくる線なので要注意。必ずしも社長になって大成功するとか、1流企業の役員になれる相ではないのです。

実は芸術関係とも関係が?

実は太陽線にはもうひとつ、ちょっと面白い意味がありまして。実は芸術や芸能に関係する線でもあるのです。単に人気運だとか財運だけでなく、センスの良さとか芸能人適性とかも見れるから、ままならない線です。

まあ芸能人は人気商売ですし、太陽線で適性が見れるのはわかりますが……芸術センスはまず結び付きませんよね。

ですがこれまで見た中では、太陽線がある人は結構服や言葉選びなど、何かしらセンスがある人が多かったのもまた事実。

特に若いうちからある人は、何かしら常人とは違うセンスを持っているのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

若いころは滅多に出ない?

さて、若いころからいきなり十分な実力を発揮できるとか、20代のうちから成功者の1人に名を連ねる人なんて、どこを探してもごく1握りしかいないもの。自分が何を目指そうが、短い期間でいきなり大満足な結果を得られる人なんて限られてます。

とすれば、若いうちからしっかりした太陽線を持っている人はレアケース。大体の人はほとんど見えないくらい薄いか、それこそ無くても不思議はありません。

あるいは、むしろ大量に出てしまっている人もいるとか何とか?

太陽線がいっぱいあるケースは後述するとして……若いうちや不慣れなうちから上手くいくことなんてまずありません。それなりに経験を積んだりいろいろ勉強した末に、ようやく結果を得るための糸口が見えてくる。太陽線も同じで、結構後から出てきます。

今無くても、別段気にすることはありませんよ。単にまだ道が定まっていないか、あるいはそもそも成功に比重を置いていないからそうなっているだけ。生き方なんて各々の自由です。

消滅することもある

太陽線は満足いく結果の証。とすれば、不調となって物事が上手くいかなくなれば、当然ながら太陽線が消えることもあります。

厄介なことにこの線、しょっちゅう出たり消えたりするんですよね。

人生山あり谷あり、万事塞翁が馬。よっぽどでない限りウハウハで上手くいくだけという事はありませんし、運のいい時があれば悪い時もあります。

太陽線が消えてしまったときは、今はたまたま運気が下がったと思っておきましょう。

焦らず悲観せずゆっくりじっくり、ダメージの軽減と再起を図りましょう。そのうち運もまた上がるはずです。

さて、太陽線の解説はこんなところで……次からは、いろいろなタイプの太陽線を見てみましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました