【手相】財運線が長いとどうなる?宝くじは当たるの?財運線を徹底解説!

手相解説

財運線……画像にある通りの、小指下にある縦線のことですね。これがあれば金運が高いとか宝くじによく当たるとか、あるいは億万長者になれるとか、いろいろ怪しげなことがまことしやかにささやかれてますが……本当にそうなんでしょうか?

今回は、私が手相鑑定をする上で財運線の解釈と、いろいろなパターンの財運線についてみてみましょう!

スポンサーリンク

財運線は金運ではなく「お金に関する力」

ぶっちゃけ、財運線を「金運の線」と考える人もおそらく少なくはないでしょう。というか、実際手相占いでもそういう旨のことを言う人がいます。が、私はそうは思いません。

そもそも、一般的に言う手相とは運気や未来を占うのではなく、その人の考え方や才能に関する線がほとんどです。

つまり、財運線も才能や考え方を表す線の1種。つまりお金を貯めたり転がしたりする才能や商才、お金に対する執着などを示すものです。

要するに運気とか関係なしに、自分がどれだけ蓄財の才能があるのか、あるいはお金に興味があるのかを示すバロメーター的なやつですね。

当然、長く太くなればなるほど、お金を貯めたり増やす才能はかなり強くなります。が、つまりそれはそれだけお金を大事にする思いが強いというわけで……。

どの線にも言えますが、行き過ぎればコケてしまいます。

財運線も長くて太ければそれだけお金を引き寄せる力が強まりますが、反面当人の性格次第では最悪お金のために何でもやる人になってしまう可能性も秘めているのです。

どの線も他の線とのバランス次第、というわけです。

宝くじは……当たらない!

はい、勘のいい方はもうおわかりですね。財運線が長いとか太いからと言って、必ずしも金運がめちゃくちゃいいわけではありません。

つまり、財運線が長いからと宝くじの当選確率が上がるなんてことはないのです。

財運線はあくまで、「自分の力で財産を増やす線」。そのことを忘れないでください。

当然、安易に株やFXに手を出すのもNGです。立派な財運線がある人はそういう物への適性こそありますが……だからといって、あれらは知識も無しに挑んでどうにかなるものではありません。

才能はあくまで伸ばしたうえで使うものであり、原石のまま使うのはリスクが大きい点にも要注意です。

スポンサーリンク

蓄財か築財か

財運線にはお金を貯めるという意味と、収入を増やすという意味の2つがあります。両方得意な人はなかなかいませんが……案外どっちかならやれるって人は結構な数いるはず。

そこで悩んだときは、ちょっと財運線がどこにあるのかを見てみましょう。財運線が出ている位置で、どちらが得意なのかを測ることができますよ。

基本的に、財運線の位置が太陽線寄り……つまり薬指に近ければお金を転がして増やす才能、小指下のド真ん中やちょっと外側寄りに出ていれば無駄遣いを省く倹約の才能を示します。

当然長かったり太ければそれだけ才能あふれることになります。どう生きていくかの指針の1つになりますので、ぜひ確認してみましょう。

財運線が無い=お金への執着少なし

さて、財運線を見てみたら、自分にはそれらしい線が無かった……なんて方もいらっしゃるかと思います。

そういう人は、基本的にお金に対して才能をふるう必要が無い人たち。お金に困っていないから全然無頓着でいられる人もいますし、また貧乏であっても貧乏なりに楽しめる度量があるから、お金に対して真剣に考える必要がありません。

日本人は財貨を軽んじる風潮の中で生きています。大抵の人は財運線なんてかなり細かったり短いものですが……それにしても、財運線が無いなんて人はほとんどいません。

もしかすると、かなりの大物な可能性も……?

さて、財運線の解説はこんなところで終了。次からは、いろんなタイプの財運線を見ていきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました