【エニアグラム】【ホーナイの三つ組】追従型の新しい意味について

エニアグラム
スポンサーリンク

今回、新説もとい珍説が含まれます。よって、有料ですね。残念ながら。さすがに思いついた自説、それも検証されていないものをタダで広めたいとは思いません。

さて、私儀、実のところ少し引っかかっていたところがありました。「ホーナイの三つ組における”追従型”って、なんで追従なのかな」と。

今回はその答えがふと浮かびましたので、筆を取りました次第。

長話もあれなので、早速始めていきましょう。今回は私なりの勝手な解釈が大いに含まれるので、「信じるも信じないも自分自身」というつもりでご覧いただけますと幸いです。

ホーナイの三つ組(ホーナイによる分類・ホーナイの法則)とは

まず、ザックリとホーナイの三つ組に関しておさらいしておきましょう。

と言っても、そう難しい話ではありません。これですね。

あかつき
あかつき

作者の愛情たっぷりの自作の図です。

あ、今「きったねぇ図だな」と思いましたね?私もそう思います

ご覧の通り、自己主張(3、7、8)、追従(1、2、6)、遊離(4、5、9)の3つに各タイプを切り分けたものですね。

大体の意味は以下の通り。

自己主張型
・話の主役になりたいゴリゴリの主役体質
・文字通りの自己主張で、バンバン自分の意見を出す
・非常に積極的で物怖じはほとんどしない
・自分の我や意見を押し通す。場の面制圧

追従型
・人の役に立とうとするフォロワータイプ
・主役や権威者になりたいわけではない
・意外と自分のニーズや価値観を持ち出すことも
・ある意味、超自我の追従者

遊離型
・影が薄く、対人関係には消極的
・周囲と関わっていくよりは自己の内面世界に引きこもっていたい
・基本的に自分もケチつけたくないし、人にもケチつけさせないスタンス
・内面世界に土足で踏み入る奴は敵

と、大体こんな感じでしょうか。

とりあえずこれがざっくりとした区分けになりますが……以下の記事に詳しく書かせていただいてます。

「そもそもホーナイとは?」みたいになってる方は、まずそちらをご覧になった方がより楽しめると思いますよ。

追従型がなぜ追従か

さて、おさらいもそこそこに、本題に立ち返りましょう。

追従型がなぜ追従型と呼ばれるのか。

まあ、正直「超自我に追従しているから追従型やろ」という発想が公式なのですが……それでは面白くない。今回は全く別の方面から追従型が追従型と呼ばれる所以をぶちまけていきたいと思います。

コメント