手相解説―線編―

手相解説

【手相】ソロモンの環(ソロモンリング)はリーダー適性最強の証?

「この人こそ指導者だ!」と言われる手相の筆頭格に、ソロモンの環(別名ソロモンリング)というものがあります。 もともと人差し指下の木星丘と呼ばれる場所は指導者向けの線が大量に出る場所ですが……その中でも、ソロモンの環はかなりレアな相だ...
手相解説

【手相】親指の付け根にある島だか鎖だか目だかよくわからんやつはファミリーリング

親指の第1関節にある仏眼という相は、手相界隈ではそれなりの知名度があります。 ですが、親指に出てくる目みたいな相はもう1つあります。 それが、親指の付け根の辺りに出てくる、目だか鎖だかよくわからない線。通称ファミリーリングです...
手相解説

【手相】シワシワぐちゃぐちゃの手相は何を示すの?しわが多すぎる手相について解説!

手相は人によって千差万別。中には、全体がシワシワぐちゃぐちゃの何が何だかわからない相を持っている人もいます。 こういう人はどの線がどこにあるのかがわかりづらく、時にプロの手相家すら唸らせるほどの難読手相であることも稀ではありません。...
スポンサーリンク
手相解説

【手相】希望線の意味は「夢と希望が叶う線」!?希望線の見方を解説!

木星丘と呼ばれる場所はとにかく野心や向上心に関連する線が多く出るとされてますが、その中でも希望線は代表的な線のひとつと言えるでしょう。 知名度こそ比較的高い線ですが、その発生率は20人に1人と言われており、まさに「選ばれた人の相」と...
手相解説

【手相】忍耐線の意味は「諦めねェド根性」!蛍雪の功の代名詞!?

忍耐線は、「知名度はそこそこだけど滅多に見ない線」のひとつですね。 実際、私も2回しか見たことがありません。 今回は、そんなありそうでない忍耐線のお話です。っても、なんかもう名前で大体想像ついちゃいますがね……。 あえて...
手相解説

【手相】短気は損気?短気線の意味を解説!

ごくたまーに、いかにも「あるだけでダメ」「性格悪い人の線」と勘違いしてしまいそうな名前の線が存在します。 おそらく、反抗線と短気線はその最たる例でしょう。 今回は、そんな悪いものだと思われがちな線のひとつである短気線について見...
手相解説

【手相】反抗線(あやまりま線)がある人は文句ばっか言うのか?反抗線の意味を解説!

反抗線。島田秀平さんの手相占いではあやまりま線。なんだか嫌な響きですよね。 他のサイトやブログを見ても、「頭が固い」だの「自己中心的なクレーマー気質」だの、まるで凶相であるかのような書き方がされてるものまである始末。 ですが、...
手相解説

【手相】火星環ってどういう意味?成功者に多い理由を手相占い師がいろいろ語ってみる!

火星環という手相は、正直まだまだ知名度の低い線ですね。手相をちょっとかじった程度だと、「何それ?」となってしまうのも無理はないでしょう。 話題に上がらないという事はそれだけ珍しい相だし、実際に持ってる人はそれだけでもかなり珍しい特徴...
手相解説

【手相】ますかけ線は成功者になれる吉相とは限らない?ますかけが意味ない人もいる理由

一般的に知られる手相学では、頭脳線と感情線が繋がってひとつの線になってるものをますかけ線と称します。まあ手相占いや手相に関するコラムでよく見かける線ですよね。 で、このますかけ線、天下を掴む大器を表す大吉相!……なんて言われています...
手相解説

【手相】結婚線は意外と当たらない?結婚線があっても意味が無いのか徹底解説!

手相占いをしていて思うのは、やはり色恋に関する質問の多さ。中にはこれからの生き方ややりたいことが自分に向いてるかどうかという質問もありますが、「いつ結婚できますか」「そもそも結婚できるんですか」みたいに結婚に関する相談が多数のような気がし...
タイトルとURLをコピーしました