人に言われた「器が小さい」なんてどうせしょーもない理由しかないよ

与太話

「器が小さい」なんてのは、人を抽象的に批判するときに割と便利な言葉ですよね。

というというわけで、実際「そこでそれを言うのか?」ってタイミングで「器が小さい」と罵倒されたことのある人もいるかと思われます。

今回はそこんとこの話。何故器が小さいと言われるのか。仮に自分の狭量さを恥じて苦しんでる方がいらっしゃるなら、ぜひ見ていってください。

スポンサーリンク

不都合に対するクレームの1つ

率直に言いましょう。「器が小さい」って批判は、そもそも都合が悪いからそう言われてるわけです。

例えば「これくらいやってもらって当然」「これは許されるだろう」みたいに、こういう罵倒をする人は自分の勝手な価値観を持ち出して善悪を判断してます。

で、自分は「大丈夫」と思ったことが相手の琴線に触れた時、言う人は苦し紛れに言うんですよね、「器が小さい奴だ」と。

要するに、自分勝手が許されなかった時に相手を責める常套句です。

無論、言う側と言われる側のどっちが悪いかなんて私は知りません。それこそケースバイケースでしょう。

ですが、少なからず「器が小さい」と指摘する側は何かしら勝手な行いをした、あるいは傲慢な態度だったのではないでしょうか?

例えば遅刻をとがめられると「器が小さい」、注意されると「器が小さい」、ミスを指摘されると「器が小さい」……。

とにかく、双方の価値観の違いに対して歩み寄りを迫る際に、「器が小さい」という非難の言葉を用いる人もいるという事です。

エゴの対立をまともに取り扱う必要なし

注意されての逆ギレか、あるいは注意したせいで逆ギレ報復を受けたことに対してか……ともあれ、「器が小さい」という言葉は都合の悪い人間を簡単に批判できる言葉の1つです。

「都合よく動いてくれないから……」「勝手を許してくれないから……」おおよそ、こういう気持ちを多分に孕んでいるものです。

とあれば、真正面から受け入れる必要はありません。一旦保留し、意見として受け入れることにしましょう。

結局どっちが悪いかなんてケースバイケースだし、大抵の場合双方に何かしらの要因はあるものです。

そこで「自分が悪い」「相手が悪い」と白黒思考に囚われてしまっては、まともな判断などできるはずも無し。

ひとまず、相手の器が小さいわけでも、自分の器が小さいわけでもありません。そう思っておきましょう。

お互いの価値観の違いについて言及せず、「どちらが悪い」なんてやり始めてもまともな解決は不可能です。

器が大きくになるより双方妥協点の模索を

結局はこういう事ですね。

「けしからん奴!」とロクに考えもせず対立に臨むのはもちろんダメですが、「自分の器は小さいんだ」と落ち込む必要はありません。

所詮人の考える「器の大きい人」というのは、「どんな不利益でも許容し、自分のために自己犠牲すらいとわない人」です。これは相手の性格が悪いのではなく、人間ならば少なからず持っている面でもあります。

器の大きい=都合がいいだけの人に、わざわざ自己犠牲を払ってなる必要はありません。

「器が小さい」と言われた時に必要なのは、すり合わせにより妥協点を探すこと

無論相手が強硬姿勢で臨むなら、それ以上の話し合いは不可能です。ですが、もし向こうが「言い過ぎた」と感じているようなら、まず相手の価値観を知り、自分の価値観を伝えて折り合いをつけましょう。

最悪手を切る準備を……

とはいえ、「器が小さい」なんて言葉を人にぶつける人がいい人かというと……残念ながら対等に付き合えるまともな人は少ないようにすら思えます。

もし妥協点を探そうとしても「黙れ!」「お前が全部悪いんだ!」「狭量を人のせいにする気か!」などと、全く取り合う気配が無い場合……もうその人とは縁を切ることを考えた方がいいですね。

おおよそ相手が度を越したヤバい人か、あるいは完全にあなたを敵視しているか、あるいはその両方でしょう。

そういう人とはまともに関わるだけ馬鹿を見ます。もし冷静に考えて自分にそこまで非が無いのであれば、いっそ相手と手を切ることも考えましょう。

器は主観でしか語れない!

何度も言いますが、「器が小さい」という非難をした側とされた側のどちらが悪いかは、正直わかりません。

あなたが悪いのか相手が悪いのか……そんなものは話を聞いてみるまで分かりません。が、「器が小さい」という批判自体、「思い通りにならない」というある種の身勝手さを含んだ物言いであるのは間違いありませんね。

基本的にこういうのは言ってる側の人物像に問題があるケースも多いのですが……もしあなたがいろんな人から「狭量」と批判を受けているのなら、ちょっと自分の問題点を探ったほうがいいかもしれませんね。

何にせよ、器というのはあくまで主観でしか語れないものです。そんな言葉に一喜一憂するのも、やっぱり疲れてしまう要因ですね。

相手からの「器が小さい」という謎の批評は真に受けず、とりあえず話半分に聞くことから始めた方が間違いありません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました