【16タイプ】ENFJを資料抜きで好き勝手語ってみる

16タイプ

残念ながら、今回も有料記事ですね。

今回、資料は一切見ません。すべて私オリジナルの文章です。まずはそこのところを明言しておきます。

一応心理機能をあらかた語り尽くしたところで(ソシオニクス?知らん)、今回は思い切って独自路線に舵を切ってみます。

言い訳するなら、独断と偏見にまみれた勝手な妄想ですね。文字通り好き勝手語っていくので資料と矛盾することも出てくるかもしれませんが、そこのところはご容赦ください。

今回の犠牲者はみんなのヒーロー(?)ENFJ。

ぶっちゃけヒロイン属性の方が高そうな気がする彼らですが、一体私の見解ではどうなってしまうのでしょうか?

例のごとくnote版もあるので、不安な方はそちらからご覧ください。

【16タイプ】ENFJについて資料抜きで好き勝手語る|春眠ねむむ
残念ながら、今回も有料記事ですね。 今回、資料は一切見ません。すべて私オリジナルの文章です。まずはそこのところを明言しておきます。 一応心理機能をあらかた語り尽くしたところで(ソシオニクス?知らん)、今回は思い切って独自路線に舵を切ってみま...

概要

まずはMBTI、ユング心理学の両面から、ENFJの性格を軽くおさらいしてみましょう。

MBTI
・人の潜在能力を最大限引き出すことに興味あり
・人々の様々な思いや状況を見るのではなく読み取る
・対立や好ましくない言動に気付きにくい

ユング心理学
主:外向的感情
→人と感応するような感情を抱く
捕:内向的直観
→明らかに浮世離れしたものを見ている

ユング心理学についてはよくわからないという方は、以下をご覧くださいませ。

おおよその感想として、相手の感情や思いを洞察するのに長けた人たちという感じですね。演説とかで民衆の心を掴むのが上手そうです。

自分が見たビジョンも、あくまで感情機能を補佐する以上の役割はなし。深淵を除くほどの深い洞察力はなくても、洞察に振り回されないと言えるでしょう。

ソシオニクスとかだとサブタイプによっては結構ビジョンに振り回されがちですが、今回はそれらを差し抜いた独自考察のお話。この辺は置いておきましょう。

とにかく、人の感情を読み取ったり理解するという点においては、これ以上なくスマートな人たちなのではないでしょうか。

結局のところ補助の直観がどう働くかは後述するとして……「多くの人の潜在能力や心境を理解する」みたいに書かれているMBTI公式本の見解には私も同意です。

あと、感情機能の影響か結構人懐っこい人は多そうですね。もっとも、これは元来の性格。実際のところは周囲の無理解から追いやられている人も一定数見受けられますが……。

とある書籍ではゴールデンレトリバーと比喩されていることもあり、元来はかなり人好きし、人とよく接する人たちなのでしょう。

とはいえ、内向直観機能持ちは、孤独にあれこれ考えることを好む傾向にあります。一人でいる時間も多少は大事でしょうし、人の心境などを考える時間が必要で初動が遅れることもあるかもしれません。

ともあれ、人の心情を理解し、寄り添い、そして人と仲良くなる。そんな感じの人たちのように思えます。

さて、それでは、彼らの直観機能が何なのか、結局のところ何者なのかなど、さらに深掘りしたENFJ像を見ていくことにしましょう。

コメント